sweets_purin

たった22円で美味しいプリンが作れたら、

どれだけ嬉しいことかと思いませんか?

それを実現させたのが「22円プリン」。

いわゆる、ネトメシってやつです。

 

プリンを手作りする人も多いですよね。

 

市販のプリンよりも、

手作りのプリンのほうが断然美味しい!

でも、ちょっと手間とお金がかかります。

 

美味しい卵や生クリームは高いので、

できるだけ節約をしたい!

という時にオススメなのが、

話題の22円プリンなんですよ。

 

作り方を紹介しますね。

 

スポンサードリンク



手作りプリンの悩み

 

一般的にプリンを手作りする時には、

卵、砂糖、生クリーム、牛乳、

バニラビーンズを使います。

 

バニラビーンズはスーパーで購入できますが、

置いていないお店もありますよね。

 

それに、ちょっとしか使わないのに、

かなり値段も高いのが難点(^-^;

 

代わりにバニラオイルや、

バニラエッセンスを使う人もいます。

 

生クリームもちょっと高め。

 

生クリームを入れると濃厚なプリンになりますが、

基本的な材料を全部そろえるとなれば、

かなりコストがかかってしまいます。

 

本格的でなくても、

プリンをお腹いっぱい食べてみたい!

というなら材料を工夫しましょう。

 

22円プリンの材料が少なすぎてびっくり!

milk_pack

22円プリンを作る材料は、

なんと!卵、砂糖、牛乳だけなんです。

 

カラメルも砂糖とお湯だけで作るので、

作りやすいですよね。

 

生クリームを使った濃厚プリンには及びませんが、

あっさりめのプリンが好みであれば、

この22円プリンでも十分満足できます。

 

22円プリンを作るコツ

 

22円プリンのメリットは安いだけではありません。

 

普通、プリンを作ろうとすると、

オーブンや蒸し器を使って、

蒸し焼きにする必要があります。

 

作る量によって違ってきますが、

低温で40~50分は蒸し焼きにするので、

とっても時間がかかるので大変。

 

その後、粗熱が取れたら、

冷蔵庫で冷やしてやっと食べることができます。

 

でも、22円プリンであれば、

レンジで作るので短時間で作ることができるんですよ。

 

食べたい!と思った時にすぐに作れて

冷やしておけばいいだけなので簡単ですよね。

 

22円プリンを失敗しないためには・・・

oven_renji

簡単な22円プリンですが、

失敗してしまう人は、

レンジの加熱時間を間違えてしまうことが多いようです。

 

最初はレンジから目を離さないようにしましょう。

目安としては500Wで2分から2分半かな。

 

レンジから出してみて、

器を傾けてプリン液が流れないくらいが、

ちょうど良い固さですよ。

 

冷やすと多少は固まってくるので、

緩すぎるかもしれないという程度がおすすめ。

 

緩すぎると思って再加熱すると、

固くなり過ぎてしまったり、

気泡が入る原因にもなるので注意しましょう。

 

スポンサードリンク

22円プリンを作ってみよう

 

22円プリンは昔懐かしいプリンの味がするので、

きっとみんなが大好きな味だと思います。

 

基本のレシピを紹介しますね。

 

22円プリンの基本レシピ

プリン

【材料 2人分】

※カラメルソース

水        小さじ2

砂糖       小さじ4

 

※プリン液

卵        2個

砂糖       大さじ2

牛乳       220ml

 

【作り方】

耐熱容器に水と砂糖を加えてレンジで加熱し、

カラメルを作ります。

※加熱時間はカラメルソースの色になるまで。

 

プリン液を流し、再びレンジで加熱します。

※この時、様子を必ず見るようにしましょう。

 

冷蔵庫でしっかり冷やしたら完成!

 

トロトロのプリンができますよ(^O^)

 

お好みでフルーツやホイップクリームを

絞ってもいいかもしれませんね。

 

 

もし家にバニラエッセンスがあるなら、

プリン液に1滴垂らすと、

本格的な風味に早変わり!

 

とても22円でできるなんて思えない仕上がりです!

 

もしバーナーを持っているなら、

カラメルを作らずにプリン液を加熱します。

 

プリンが完成したら上にグラニュー糖を振り、

バーナーで焦がせば、

クレーム・ブリュレになりますよ。

 

 

レンジで作ったとは思えない本格スイーツを

自宅で味わうことができるのでおススメです!