cut_fruit_lomon

テレビでも紹介されて、

注目を集めているレモン酢。

 

女性に嬉しい効果も発揮してくれるので、

毎日取り入れたい食材の一つです。

 

ただ、お酢に漬け込んだレモンは、

つい残りがち。

 

でも、残ったレモンも使えるんです!

 

レモン酢が苦いから苦手という人でも、

美味しく食べられる、

レシピをご紹介しますね。

 

スポンサードリンク



レモン酢は苦いから苦手!?

 

レモン酢はレモンをお酢に漬け込むので、

それぞれの食材の良いところを、

相乗効果で得ることができます。

 

レモンといえば、ビタミンC!

 

ビタミンCは美白効果や、

風邪予防などに効果ありの栄養成分。

 

また、お酢はアミノ酸やクエン酸などの、

60種類以上の有機酸が含まれている上に、

血液をサラサラにしてくれます。

 

お酢で血液を流しやすくして、

レモンのビタミンCを

体全体に行きわたらせる。

 

体にとっても良さそうですよね。

 

それから、レモンの皮には抗酸化作用のある

ポリフェノールがたっぷりと含まれているため、

レモン酢にすると皮ごと食べられて、

いいことずくめです。

 

でも、皮ごと食べるから苦いと感じる人も、

多いみたいで・・・。

 

レモン酢の苦さを解消する方法

fruit_lemon

レモン酢を作ったけど、

苦いから苦手で食べられないという人は、

使うレモンの種類を変えると良いですよ。

 

レモンは、外国産だとワックスや防カビ剤が

皮についてしまっています。

 

そのワックスや防カビ剤を、

上手く洗い流せていないので、

苦くなってしまうんですよ。

 

洗剤とかが付いていない、

食器洗い用のスポンジを水で濡らし、

よく皮を擦るだけでも、

皮の苦みは抑えられます。

 

でも、なるべく国産のレモンを、

使用してくださいね。

 

レモン酢の作り方は何種類かあるけど・・・

 

レモン酢の作り方は以前、

レモン酢とはちみつのドリンクが激ウマ!

効果も凄いし作り方やレシピは簡単

で紹介しました。

 

以前の記事では、

氷砂糖を使った作り方をオススメしましたが、

氷砂糖の代わりに、

はちみつを使うと美容効果が増します。

 

レモンや酢の分量は同じで、

氷砂糖をはちみつ60gに代用すると、

美味しく作れますよ。

 

こちらのレシピ本では、

より詳しく作り方の解説をしているので、

おすすめです。

↓ ↓ ↓ ↓

作ったレモン酢は、

冷蔵庫で、約1か月保存できちゃいます。

 

保存瓶は、カビを防ぐためにも、

煮沸消毒をして下さい。

 

できたレモン酢は、料理に使っても、

牛乳と割って飲んでも、いいですよ!

 

そんな調味料や飲み物に気軽に使える

レモン酢のレモンは、ついつい余りがち。

 

残ったレモン酢のレモンを捨てずに済む、

レシピをご紹介します(*^-^*)

 

レモン酢のレモンで作る爽やかなレモンジャム

レモンジャム

まずは残ったレモンを使った、

レモンジャムのレシピです。

 

【材料】

レモン酢のレモン 50g

水       120cc

グラニュー糖    10g

 

【作り方】

1.レモンを細かく刻んで、

水と一緒に鍋に入れます。

 

2.沸騰したら弱火にして蓋をし、

レモンが柔らかくなるまで、

10分ほど煮ます。

 

3.グラニュー糖を加えて、

とろりとするまで煮詰めて完成。

 

クラッカーやヨーグルトにかけても

爽やかな美味しさです!

 

レモン酢のレモンを活用!ミニレモンクッキー

レモンクッキー

レモン酢の残りのレモンだからこそ、

美味しくなるクッキーのレシピ。

 

【材料】

ホットケーキミックス 100g

レモン酢のレモン    1枚分

ココナッツオイル   25g

クリームチーズ   20g

黒糖          30g

ナッツ類       適量

卵        1個

 

【作り方】

1.レモンはみじん切りにしておきましょう。

 

2.クリームチーズとココナッツオイルを、

クリーム状になるまで練り、砂糖も加え、

白っぽくなるまでよく混ぜます。

 

3.卵も加え、さらにしっかり混ぜたら、

レモン、ナッツ類、

ホットケーキミックスを入れ、

さっくりと混ぜ合わせます。

 

4.冷蔵庫でラップをかけた生地を、

30分ほど休ませて、

クッキングシートを広げた天板に、

スプーンを使って一口大に落とします。

 

5.170度に余熱したオーブンで、

16分ほど焼いて、完成。

 

漬けていないレモンで作るよりも、

レモンがまろやかで美味しいですよ!

 

朝に嬉しい!レモンバナナジュース

 

ミキサーで混ぜるだけで、

朝から元気になれるジュースが作れます。

 

【材料】

レモン酢のレモン 2枚分

バナナ      2本

牛乳(豆乳)    300ml

 

バナナの皮を剥き、

ミキサーに全部入れて、

混ぜれば完成です!

 

先ほどのレモンクッキーと、

一緒に食べれば、お腹も満足。

 

レモンの香りで気分もリラックスできますよ。

 

スポンサードリンク

まとめ

 

材料を漬けるだけで簡単にできる

レモン酢は本当に便利ですが、

残ったレモンの活用レシピを覚えておくと、

残ったレモンも無駄にならずに済みます。

 

見ているだけで元気になれるビタミンカラー、

黄色のレモン。

 

お酢と一緒に取り入れることで、

体の中から元気になれる、

素敵な食材になりますよね。

 

国産レモンを見つけたら、

ぜひ作ってみてください!