heyaboshi_woman2

寒い冬のこの時期、

洗濯物を早く乾かすコツや、

裏ワザがあるのを知っていますか?

 

冬には外の冷たい空気の中よりも、

部屋干しを選ぶ人の方が、

圧倒的に多いかと思います。

 

部屋の中にたくさんの洗濯物があると、

なんだか部屋が狭く感じますし、

生乾きのニオイがすることもあるので、

早く乾かして畳みたいですよね。

 

今回は、部屋干しをするときに、

洗濯物を早く乾かす裏ワザを、

ご紹介していきます。

 

スポンサードリンク



裏ワザその1!洗濯機を使う時の一工夫

kaden_sentakuki

早く乾かすには、まず洗濯の段階から!

 

それは、いつもの工程のあと、

もう一度、脱水を追加するだけです。

 

洗濯物に残っている水分を、

さらに飛ばしてくれるので、

乾きやすくなるんですよ。

 

ただし、デリケートな素材のものは、

縮む可能性もあるので、

確認してくださいね。

 

綿素材のものは、

シワをしっかり伸ばして干すのも、

早く乾かすコツですよ。

 

裏ワザその2!洗濯物の干し方の工夫

sentakumono

洗濯を干すときにも、

大事なポイントが3点ありますので、

ご紹介していきますね。

 

まず、1点目。

干すときの間隔はしっかりあけること。

 

10cm程度の間隔で干すことで、

洗濯物が空気に触れやすくなります。

 

2点目は、長さを意識して干すこと。

 

長い衣類や短い衣類など、

手に取ったものから順番に干すのではなく、

アーチ状になるように、

意識して並べるようにします。

 

アーチ状にすることで、

外側の長い衣類は、

よく空気に触れることができる上に、

真ん中には空間が生まれて、

空気の流れを作り出せるんですよ。

 

3点目はタオルかけを利用して干す場合。

 

タオルは半分に折った状態よりも、

ずらすようにして長さをかえてみると、

乾きやすくなります!

 

この3つのポイントを

意識してみてくださいね。

 

裏ワザその3!道具を使って乾かしてみる

 

身近にある道具を利用して、

乾く時間を短縮する方法もおすすめです。

 

除湿器を使おう

 

冬は乾燥しやすいので、

加湿器を使うことが増えますが、

洗濯物は水分がなくなることで乾くので、

除湿器を使うのも一つの手です。

 

なるべく小さい部屋に洗濯物を干し、

そばに除湿器を設置することで、

効果が発揮されますよ。

 

衣類乾燥専用の除湿器は、

かなり優れものでオススメ!

 

新聞を使おう

 

除湿器と同じように、

湿気を取り除く効果があるのが、

新聞紙です。

 

軽く丸めて、

洗濯物の下にいくつか置いておくだけ。

 

新聞紙が湿気を吸って、

しなしなになってきたら、

適度に変えるのがポイントです。・

 

子どもと一緒に簡単に準備ができ、

楽しい遊び感覚でできちゃいますね。

 

暖房を使おう

 

暖房をつける日も増えてきた今の時期、

暖房もフル活用してみましょう。

 

乾燥しやすい室内も、

洗濯物を干すことで、

加湿器と同じ役割をしてくれますよ。

 

早く乾く上に、

適度な湿度に整えてくれるなんて、

一挙両得ですね。

 

裏ワザその4!干す場所を変えてみる

 

洗濯物をリビングに干すのはちょっと・・・

という方には、お風呂場をおすすめします!

 

お風呂場は、元々湿気がたまりやすい場所。

乾きやすいように換気扇がありますよね。

 

近頃は、最初からお風呂場に、

物干し竿が取り付けてある、

お家もあるのではないでしょうか。

 

物干し竿が無い場合には、

ホームセンターで突っ張り棒を購入し、

取り付けることもできますね。

 

換気扇を回すだけでなく、

扇風機を洗濯物に当てることをプラスすれば、

より早く乾きますよ。

 

スポンサードリンク

まとめ

 

なかなか洗濯物が乾いてくれなくて、

頭を悩ませることが多い時期。

 

でも、干し方の工夫や、

電気機器を上手に使うことで、

洗濯物を早く乾かすことができます!

 

ぜひ、取り入れてみてくださいね(*^-^*)