ondokei

少し前に50度洗いが話題になりましたよね。

覚えていますか?

 

りんごやバナナ等の果物、レタス等の野菜、

あさりの砂抜き、肉、魚等、いろいろ洗えます。

 

50度洗いを行うことでメリットもありますが、

間違った方法で行うと失敗をしてしまうので

十分に注意をしましょう。

 

改めて、50度洗いについてまとめてみたので、

ぜひ、やってみてくださいね。

 

スポンサードリンク



50度洗いのメリット

野菜

50度洗いは50度のお湯で食材を洗う方法です。

50度洗いを行ってから調理をすると鮮度が良くなったり、

鮮度が保てると言われています。

 

野菜の場合、温めることによって気孔が開き、

細胞の中に水分を取り込むようになります。

 

野菜は購入をした時、

水分不足になっていることが多いんですよ。

 

この水分不足を解消することで、

新鮮な状態に戻すことができるんですよね。

 

肉や魚の場合、

表面に酸化をした油が付着しています。

 

この酸化をした油が

肉や魚の旨味を邪魔することがあります。

 

表面についた汚れも、

50度洗いをすることによって、

取り除くことができるんですよ。

 

そうすると煮込んだ時に、

アクの量も抑えることができるので便利です。

 

50度洗いをすることによって、

野菜や果物は両面についている

農薬なども落とすことができますよね。

 

肉や魚も酸化をした油が落ちれば、

くさみを取り除くことができる、

というわけなんですよ。

 

50度洗いに適しているもの

vegetable_lettuce

50度洗いに適している食品は、

葉物であれば、

レタス、ほうれん草、春菊、水菜、白菜、キャベツなどです。

 

比較的葉物野菜は、

全般的に50度洗いに適しています。

 

他の野菜類はトマト、茄子、ピーマンなどでしょう。

 

果物は基本的に何でも大丈夫です。

ただし、バナナやりんご等は、

皮がついている状態で洗いましょう。

 

肉や魚も常温から50度洗いをするのも効果的ですが、

冷凍したものを50度洗いで解凍すると、

驚くくらいに美味しい状態になるんですよ!

 

50度洗いをしたものは、

必ずその日のうちに使いましょう。

水をしっかり切ることも大事なんですよ。

 

50度洗いの注意点とやり方

 

では、50度洗いを実際にやってみましょう。

大事なのは温度です。

 

温度が高すぎてしまうと火が通ってしまいますし、

細胞が壊されてしまうので効果がありません。

 

43度以下のお湯を使うと、

雑菌が繁殖しやすくなってしまうので、

注意が必要です。

 

また50度洗いを行ってそのまま放置をすることも

雑菌の繁殖を促してしまいます。

乾燥はしっかりと行いましょう。

 

葉物野菜の50度洗いのやり方

 

野菜の場合、

表面を傷つけないように洗います。

 

傷ついてしまうと、

そこから傷んでしまうこともあるので、

注意しましょう。

 

葉物の場合には

しゃぶしゃぶをする感覚で洗うとよいですよ。

 

肉と魚の50度洗いのやり方

 

肉の場合、表面をこすり洗いします。

その後、5分程度お湯につけたままにしておきます。

 

終わったら、冷水につけましょう。

しっかりと水分を取り除いて完了です。

 

お湯につける時間が長いと失敗をするので、

様子を見ながら行いましょう。

 

魚の場合、冷蔵庫から取り出して、

すぐにお湯につけます。

2,3分つけるだけでよいです。

 

あさりなど貝類の50度洗い砂抜きのやり方

 

あさりやしじみの砂抜きにも、

50度洗いはおすすめです。

 

2、3分50度のお湯で洗ってから、

水につけると一気に砂抜きできます。

 

時間を置かなくても砂抜きできるので、

とっても便利ですよね。

 

スポンサードリンク

50度洗いを失敗しないコツ

 

冷蔵庫から取り出してすぐにやると、

お湯の温度が50度以下になってしまうので、

温度には十分に注意をしましょう。

 

温度が低くなると失敗してしまいますよ。

 

50度洗いをした後は、必ず冷水につけ、

取り出して水分を切るのがポイントです。

 

肉も魚もお湯につけた時には、

色が白っぽくなるので不安かもしれませんが、

乾燥させると元の色に戻るので安心してくださいね。

 

50度洗いで失敗をすることが多いのは、

お湯につけておく時間を間違えてしまうことだそうです。

 

食材によって細かい時間の目安もあるんですよ。

また温度の調整がうまく行かなければ、失敗をしてしまいます。

 

失敗をしないためには、

温度計でしっかりとチェックするのが原則。

 

50度洗いのメリットを引き出すことができますよ。

 

乾燥をさせることも忘れないでくださいね。

 

水分をしっかり切ることも

50度洗いを行う際の大事なポイントです!