takarabune

12月20日放送の「開運!なんでも鑑定団」で、

驚愕の事実が発覚しました。

 

なんと!世界に3点しか存在しないと言われていた、

「曜変天目茶碗」の4点目が、

お宝として鑑定に出されたんです。

 

これまでの最高額は、

イエローダイヤモンドの1億5千万円で、

マリリン・モンローが着用したものですが、

それ以上の金額は確定という噂。

 

もしかして2億以上!?

金額が大きすぎて引いてしまいます(^-^;

 

ところで曜変天目茶碗って何?

 

スポンサードリンク



曜変天目茶碗とは?

 

曜変天目茶碗の読み方は、

「ようへんてんもくちゃわん」です。

 

世界に3点しか存在が確認されていない、

最上級の天目釉(てんもくゆう)という、

釉薬で表面を覆った陶器製の茶碗。

 

Wikipediaに詳しい説明があったので、

引用させていただきます。

漆黒の器で内側には星の様にもみえる大小の斑文が散らばり、

斑文の周囲は藍や青で、角度によって虹色に光彩が輝き、

「器の中に宇宙が見える」とも評される。

引用元:曜変天目茶碗-Wikipedia

 

茶碗の内側に、

色彩豊かな斑文があるのが特徴なんですね。

 

曜変天目茶碗は国宝に指定されている

 

曜変天目茶碗は現存するのが3点と言われ、

本能寺の変で1点が焼かれたとされていましたが、

今回幻の4点目が、

なんでも鑑定団で発見されたとのこと。

 

ただ、他にも説があるようで、

実は現存しているのが4点で、

もう1点が本能寺の変で焼かれたという説もあり、

謎が深まるばかりです。

 

確実に確認されている3点ですが、

実は国宝に指定されているとのこと。

 

中国で焼かれた陶器ですが、

現存するものは全て日本国内にあります。

 

・静嘉堂文庫(せいかどうぶんこ・東京都世田谷区岡本)

・藤田美術館(大阪市都島区網島町)

・龍光院(京都市北区紫野)

 

MIHO MUSEUM所蔵の、

重要文化財に指定されている、

天目茶碗が曜変には該当しないのではという異論があり、

現存するのが、

3点説と4点説に分かれているようです。

 

4点目の曜変天目茶碗の鑑定額は!?

 

鑑定士の中島さんが腰を抜かすほど驚いた、

なんでも鑑定団始まって以来の発見という、

お宝の鑑定額が気になる所です。

 

依頼人の曾祖父が明治時代に購入し、

依頼人が30歳になった時に、

譲り受けたというお宝。

 

保存状態も相当良いものなのでしょう。

 

気になるお宝や鑑定額は、

今夜20時54分からの、

「開運!なんでも鑑定団」で明らかになります。

 

放送が楽しみですね!

 

鑑定士、中島誠之助さんの著書、

番組の裏話も読めて面白いですよ。

 

スポンサードリンク

鑑定結果は2500万円!(12/21追記)

 

なんでも鑑定団の最高額1億5千万円を超えた、

という噂が放送前に流れていたのですが・・・

 

結果は2500万円でした!

 

最高額には届かなかったものの、

重要なのは本物だと、

正式に認められたことですよね。

 

依頼人の方は驚きを隠しきれない、

戸惑いさえ感じるような、

表情をしていたのが印象的でした。

 

鑑定結果のポイント

 

鑑定士の中島さんによる、

鑑定結果のポイントは以下の通りです。

 

・茶碗の高台の中心部分に「供御」の文字

→将軍、天皇などが使う食器という証拠

 

・漆黒の地肌に青みがかった虹彩がある

 

・依頼人の曾祖父が明治時代に、

戦国武将の三好長慶の子孫から買ったという経緯

→箱や家系図を読み取ると、

足利家から三好長慶の手に渡ったもので間違いない

 

以上のことから、

12~13世紀頃に中国福建省で作られた、

曜変天目茶碗であると確証できたとのことです。

 

ずっと押し入れに眠っていた骨董品が、

国宝級のお宝と知れば、

依頼人の方が戸惑いの表情を見せても、

おかしくないですよね。

 

あなたの家にも、国宝級のお宝が、

眠っているかもしれませんよ。

 

断捨離ついでに物置や倉庫、

押し入れなどを整理してみると、

良いかもしれませんね。