ジンジャーエール

ジンジャーシロップが家で簡単に作れて、

カフェ風のオシャレな、

ピンク色のジンジャーエールができたら、

嬉しいと思いませんか?

 

生姜には血流をよくする効果があり、

身体の中からポカポカとしてくるので、

寒い冬には積極的に摂りたいもの。

 

ジンジャーシロップの作り方を覚えれば、

手軽に美味しく摂取できるし、

使い方も万能なんですよ。

 

スポンサードリンク



お家で簡単!ジンジャーシロップの作り方

 

新聞広告とかで、

市販のジンジャーシロップを見ると、

つい買いたくなってしまいます。

 

でも、市販のものに頼らなくても、

お家で簡単に作れちゃいますよ。

 

まずは基本の作り方から、

ご紹介しますね。

 

ジンジャーシロップの基本の作り方

ジンジャーシロップ

<材料>

生姜 100g

砂糖 100g

レモン汁 大さじ1

 

<作り方>

1.生姜を皮付きのまま薄くスライスして、

ボウルに入れます。

 

2.砂糖を加えよく混ぜ、

30分以上を置いておきましょう。

 

3.30分経過後、水分が出てくるので、

水分ごと生姜を鍋に入れ、中火にかけます。

 

4.煮立ったら弱火にし、

アクを取りながら30分ほど煮詰めましょう。

 

5.火を止めたらレモン汁を加え、

粗熱が取れて常温になるまで放置。

冷めれば完成です。

 

6.煮沸消毒した瓶に入れたら、

そのまま保存可能ですよ。

 

ピンク色のジンジャーシロップにする方法

 

ジンジャーシロップを、

ピンクのキレイな色にする方法は、

とっても簡単なんです。

 

ジンジャーシロップを作る時に、

生姜を新生姜に変えれば良いだけ。

 

そしてレモン汁の量も、

大さじ2程度に増やしましょう。

 

レモン汁を一気に入れると、

ピンク色に染まってキレイですよ。

 

このピンク色のジンジャーシロップを使って、

ジンジャーエールを作ってみましょう。

 

ピンク色のカフェ風ジンジャーエールのレシピ

ジンジャーエール

みんなが大好きなジンジャーエールを、

ピンク色のカフェ風に変身させてくれる、

とっておきのレシピですよ。

 

作り方は、新生姜で作ったジンジャーシロップと、

炭酸水やソーダを、

「ジンジャーシロップ:炭酸水=1:2」

の割合でグラスに入れて混ぜるだけ!

 

ピンク色のシュワシュワがキレイで、

市販のジンジャーエールよりも、

生姜の味が濃くて、

とっても美味しくなるんです。

 

この手作りジンジャーエールを一度飲むと、

市販のジンジャーエールでは、

物足りなく感じてしまうかもしれません。

 

ジンジャーシロップの使い方は万能!

 

ジンジャーエールの他にも、

ジンジャーシロップは幅広く使えます。

 

生姜焼きの味付けや、

焼肉のタレやドレッシング、

煮物などの隠し味にも使えるんですよ。

 

万能なので作り置きすればかなり便利!

 

調味料として使う場合は、

少量ずつ加えて味見しながら、

使ってみて下さいね。

 

スポンサードリンク

まとめ

 

ジンジャーシロップの作り方、

そんなに難しくないですよね。

 

新生姜がない季節は、

ピンク色ではなくなりますが、

普通の生姜で作っても美味しいので、

1年中ジンジャーシロップを常備できますよ。

 

作り置きして置けば、

気軽に生姜を摂ることができるので、

本当におすすめです。

 

生姜シロップとお湯を混ぜれば、

簡単に生姜湯も作れるので、

寒い季節には嬉しいですよね。