travel_kinai_byouki

家族が乗り物酔いしやすいと、

心配になりますよね。

 

せっかくの家族旅行やお友達との旅行の時に、

乗り物酔いで楽しい旅行を台無しにしたくない!

と思う人も多いのではないでしょうか。

 

乗り物酔いを防止するための薬も良いですが、

なるべく薬に頼りたくないのであれば、

乗り物酔いを防ぐことができる、

食べ物や飲み物で対応すると良いですよ。

 

どんなものがあるのでしょうか?

 

知っておくとかなり便利なので、

参考にしてみてくださいね。

 

スポンサードリンク



乗り物酔いしにくい体を作る

 

乗り物酔い対策として、

一時的に効果的な飲み物や食べ物を

摂る方法もあります。

 

でも、それでは乗り物酔いを、

克服することはできませんよね。

 

乗り物酔いは三半規管が弱い人に、

起こりやすい現象なんです。

 

三半規管は耳の中にあるんですが、

ここを鍛えることによって、

乗り物酔いしにくい体になるとのこと。

 

三半規管を鍛えられる食べ物がある!?

fruit_slice09_lemon

三半規管を鍛えられる食べ物・・・

 

聞いたことが無いかもしれませんが、

代表的なものとして、レモンがあるんですよ!

 

逆にオレンジなどのかんきつ類は、

乗り物酔いを起こしやすいと言われています。

 

乗り物に乗っている時に食べるのは、

あまり好ましくないようですが、

レモンを普段の食事の中に積極的に取り入れることで、

効果が出てくるそうですよ。

 

不思議なことに気分の切り替えを、

素早く行えるようになるんだとか。

 

普段の食事でレモンを取り入れるなら、

から揚げにレモン汁をかけてみるとか、

サラダのドレッシングにレモン汁を入れてみるなど、

工夫してみると良いでしょう。

leaf_mint

他にもペパーミントがおすすめ。

 

ペパーミントのお菓子もありますが、

ペパーミントティーも効果的ですよ。

 

子ども向けではないかもしれませんが、

乗り物酔いに不安がある女性には最適でしょう。

 

レモンとペパーミントを使った、

ブレンドティーもいいですね。

 

薬以外で頼れる食べ物と飲み物

 

乗り物酔いを防止するための薬もありますが、

それだけでは不安という場合もありますよね。

 

乗り物酔いを防ぐ食べ物

valentine_chocolates

そんな時にはチョコレートや飴がオススメです!

 

チョコレートも飴も、

血糖値の上昇のために役立ちます。

 

血糖値が上昇をすると脳が覚醒するので、

乗り物酔いを防ぐことが出来るんです!

 

飴もミント系のものであれば、

口の中もスッキリして一石二鳥なんですよ。

 

ミント系のタブレットもいいですね。

 

コンパクトなので、

ポケットの中に忍ばせておくと便利。

 

乗り物酔いを防ぐ飲み物

bottle_sparkling

飲み物なら炭酸水がオススメです。

 

炭酸水を口に含むと、

スッキリした気分になりませんか?

 

乗り物酔いしにくい体を作れる、

レモンが含まれている炭酸水であれば、

気分もリフレッシュするため、

乗り物酔いを防ぐことが出来るんですよ。

 

スポンサードリンク

食べ物以外での乗り物酔い対策

 

乗り物酔いが起こりにくい環境もあります。

 

携帯やゲームなどで、

下を向いている時間が長くなると、

三半規管のバランスが悪くなり、

気分が悪くなってしまいます。

 

なるべく下を向かないように注意しましょう。

 

睡眠不足が原因に!

 

また睡眠不足も乗り物酔いの原因の1つ。

乗り物酔いが不安という前日の夜は、

出来るだけ早く休むようにすると良いです。

 

疲れている状態だと、

乗り物酔いしやすくなってしまうので、

疲れをキチンと取り除くことも大事なんですよ。

 

食べ物や心理状態が原因になることもある

 

前日や直前に消化の悪いものを食べるのも、

乗り物酔いの原因になってしまうので、

消化の悪いものは避けるようにしましょう。

 

油っこいものなどは避けた方が良いですよ!

 

心理的なものも原因となる場合があります。

 

乗り物酔いしたらどうしよう、

乗り物酔いしなければいいな・・・

 

ということをずっと考えていると、

不安から乗り物酔いしやすくなってしまいます。

 

酔い止め薬も飲んだという安心感から、

乗り物酔いが起こりにくい心理状態にしてくれる、

という程度のものなんです。

 

不安がるのもよくないので、

もし子どもなら乗り物酔いしないおまじないを考えて、

行ってみるのも効果があるかもしれませんよ!