そば

12月29日の「あのニュースで得する人損する人」は、

年末の4時間半スペシャル!

 

年末年始に食べたい、

7大家庭料理の絶品ワザの紹介です。

 

年末と言えば年越しそばですが、

今回はサイゲン大介さんが、

スーパーの安い食材だけを使って、

そばの名店の味を再現してくれますよ。

 

安売りの乾麺にアレを加えるだけで、

そばの名店の麺に大変身!?って凄すぎ・・・

 

スポンサードリンク



そばの麺が名店の味に変身するポイントは?

 

得損でパスタ店のカルボナーラの再現を、

サイゲン大介さんがしてくれた時に、

美味しさのポイントとなったのは、

パスタの乾麺の戻し方でした。

 

パスタの乾麺を1時間水に浸してから、

沸騰したお湯で2分間茹でるだけ。

 

これだけで高級店のパスタの麺を、

再現していたんですよね。

 

この技は何度も試していますが、

本当に麺がもちもちでソースに絡みやすく、

大助かりしていますよ。

 

そばの麺の場合はどうなのでしょうか?

 

そばの乾麺が絶品になるアレとは?

そば

そばの乾麺を絶品にするもの、

それはやっぱり「水」です!

 

そばの乾麺をバットに入れたら、

上から全体が浸るほどの水を入れ、

浸透させるんですよ。

 

乾麺に水分がちょうど良い割合で、

染み込んでくれるので、

乾麺がまるで生めんの食感に早変わり!

 

上川隆也さんも麺の歯ごたえの違いに驚き、

松下奈緒さんも香りの違いに、

かなりびっくりしていましたね。

 

麺のつゆもアレをするだけで旨味アップ!

 

サイゲン大介さんは、

年越しそばに欠かせない麺つゆも、

名店の味に変身させてくれます。

 

市販の麺つゆにアレをしておくだけで、

旨味がアップするとのことですが・・・

 

一体何を加えるのでしょうか?

 

東京世田谷区にある、そばの名店、

「蕎麦石はら」さんのお蕎麦を、

サイゲン大介が再現してくれましたよ!

 

蕎麦の風味、こし、麺つゆの旨味、

天ぷらのサクサク感が、

家で真似できるって凄いですよね。

 

では、サイゲン大介レシピを紹介します。

 

サイゲン大介の年越しそばレシピとコツ

 

名店の味を再現したレシピと、

コツを紹介していきますね。

 

<材料>

そばの乾麺 1束

市販の麺つゆ 200cc

干し椎茸   4個

水     1リットル

えびの天ぷら(お惣菜のもの)2本

ねぎ(小口切り)お好みで

 

※乾麺を2束使う場合は、

水の量を1.5リットルにします。

 

※3束以上一気に茹でるのは、

風味が損なわれるのでダメ!

 

そばの茹で方

 

1.そばの乾麺を水の半量(500cc)に浸け、

乾麺の袋の表示時間通りに浸しておきます。

※茹で時間3分なら3分水に浸けましょう。

 

水に浸けることで、

生麺のような風味を残せるんだとか。

 

2.乾麺を浸していた水と、

残りの半量の水(500cc)を鍋に入れます。

 

3.鍋に火をつけお湯を沸騰させたら、

水に浸けていたそばを茹でていきましょう。

 

茹で時間は袋の表示時間の半分にします。

※袋の表示が3分なら1分半。

 

茹で時間を半分にすることで、

麺にこしが生まれますよ。

 

4.茹で上がったそばはザルに取り、

水でぬめりを洗い流します。

 

水切りしたら丼に麺つゆを入れるのですが・・・

 

麺つゆの再現方法

 

1.麺つゆをタッパーに入れ、

干し椎茸を加えて1時間置いておきます。

 

2.干し椎茸を取り出し、

具材にするため薄切りにしましょう。

 

3.鍋に水600cc(分量外)と、

麺つゆ100ccを入れたら中火にかけます。

 

最後に天ぷらをサクサクにする方法ですよ。

 

天ぷらの衣をサクサクにする方法

 

1.霧吹きに水(分量外)を入れ、

お惣菜の天ぷらの衣の、

表と裏に水を吹きかけましょう。

 

2.アルミホイルを敷いた、

オーブントースターで、

2分間加熱すればOK。

 

年越しそばの盛り付け

 

1.丼に移した麺の上から、

麺つゆを入れましょう。

 

2.干し椎茸とねぎをトッピングし、

天ぷらを添えたら完成!

 

スポンサードリンク

まとめ

 

乾麺を水に浸け、茹で時間を短くするだけで、

風味やコクがアップするなんて、

本当にスゴ技ですよね。

 

お惣菜の天ぷらは、

いつもトースターでカリカリにしていましたが、

水を吹きかけてから加熱した方が、

サクサク感が増すとは驚きでした。

 

干し椎茸の出汁が染みた麺つゆ、

想像しただけで美味しそうです!

 

絶品年越しそばで、

気持ち良く新年を迎えましょう。