1月4日のNHK「ガッテン!」は、

「大発見尿酸値を下げる秘策!!」。

 

薬を飲んでも下がらなかった尿酸値が、

冷蔵庫の中にある意外な食品で、

劇的に改善したとのこと。

 

それもたった1週間で、

正常値に戻るって凄すぎませんか!?

 

尿酸値が高くて悩んでいるなら、

試してみる価値ありそうですよ!

 

スポンサードリンク



尿酸値は本当に下がりにくい

kenkoushindan1_man_bad

ガッテンによれば、

尿酸値が高めで悩んでいる人は、

全国に1000万人以上いるとのこと。

 

日本人の約10%は、

尿酸値が高めで悩んでいると言っても、

過言ではありませんよね。

 

私の家族も去年の春、

健康診断で尿酸値が高めだと診断され、

内科を受診し薬を処方してもらっています。

 

8ヶ月薬を飲み続けても改善されない

 

体の中で作られる尿酸を減らすという、

リボール錠という薬を、

朝食後1錠飲み続けて8ヶ月。

 

食事も気をつけてはいたものの、

若干数値が下がった程度で、

まだ薬を止められるところまでには、

時間がかかりそうな感じです。

 

薬を飲んでいる人でもそうですから、

食事だけで尿酸値を改善するのは、

本当に難しいんじゃないかなって、

家族を見ていて実感していますよ。

 

どうして尿酸値が高ければ、

問題なのか簡単に説明しますね。

 

尿酸値が高いとなぜダメなのか

monshin_doctor_serious

健康診断で異常が出ない限り、

意識しないのが尿酸値。

 

若い人なら特にそうですよね。

 

尿酸値が高いと問題なのは、

痛風の原因となってしまうからです。

 

一生、痛風と付き合うことになると、

日常生活にも支障を及ぼしかねません。

 

痛風の主な症状が恐ろしい

 

3年ほど前、「ためしてガッテン」という、

番組名だった時に一度、

痛風についての特集が組まれています。

 

「尿酸値に潜む死の予言

痛風予備軍が心筋梗塞」という、

恐ろしいタイトルの特集でした(^-^;

 

痛風の主な症状として、

紹介されていたのは・・・

 

・足の指の付け根が腫れる

・風に当たると出産時の痛みに匹敵する痛みがある

・ひどい関節痛が続き歩行困難

・心筋梗塞の原因になる

・動脈硬化から生活習慣病の要因になる

 

というような感じでしたよ。

 

この症状と一生付き合うことになるなんて、

とんでもない話ですよね。

 

そう考えると、やっぱり尿酸値は、

意識しないわけにはいかない数値で、

改善できる方法があれば、

早急に知りたいわけです。

 

2013年の11月「ためしてガッテン」で、

紹介された改善方法をおさらいすると・・・

 

3年前にガッテンで紹介された尿酸値改善方法

 

尿酸値を上げないためには、

プリン体を多く含む食品を避けるのが、

基本だと言われていますよね。

 

プリン体ゼロの飲み物とか、

CMなどでよく耳にしませんか?

 

プリン体というのは、

体内に入ると尿酸に変わり、

溜まっていくことで、

尿酸値を上げる原因になる、

食品に多く含まれている成分のこと。

 

3年前のためしてガッテンでも、

プリン体を多く含む食品を避けるのは、

基本的なことだと紹介されていました。

 

プリン体を多く含む食品とは?

yakitori_liver

プリン体を特に多く含むと言われているのは、

レバー(鶏が最も多く豚、牛と続く)、

白子や明太子、魚の干物類など。

 

煮干し、鰹節、干し椎茸など、

和風出汁を取るのに欠かせない食材も、

プリン体が多いと言われています。

 

ただ、和風出汁を取る程度なら、

問題ないのでしょう。

 

そのまま食べるとプリン体が、

鶏レバーよりも多いので、

かなりマズイはずです。

 

プリン体を多く含む食品以外にも、

気をつけないといけないものは・・・

 

果糖を摂り過ぎないように注意

 

ジュースや砂糖、果物、蜂蜜などに、

多く含まれる果糖。

 

果糖もプリン体同様、

体の中で尿酸を作り出す作用があるので、

摂り過ぎると尿酸値が高くなります。

 

ということで3年前のガッテンでは、

プリン体や果糖を多く含む食品を、

摂らないようにすることで、

尿酸値上昇を予防しようと推奨していました。

 

でも、今日のガッテンでは新事実が発覚!

 

プリン体や果糖などの食品よりも、

直接的に尿酸値上昇の原因となるものが、

わかったということなんです。

 

食事は2割!他の8割が尿酸値上昇の原因!?

 

プリン体や果糖の多い食品は、

確かに尿酸値上昇の原因になりますが、

その影響はたった2割だったという、

新事実が発覚したとのこと。

 

他の8割が主な原因ということなのですが・・・

 

一体何が尿酸値の下がりにくい原因に、

なっているのでしょうか?

 

そして冷蔵庫の中にいつもある、

意外な食品が、

尿酸値改善に一役買ってくれるそうで。

 

1週間で劇的に数値が改善する食品、

とても気になりますよね。

 

今日のガッテンの放送が、

今からとても楽しみです(^O^)

 

スポンサードリンク

劇的に数値が改善する食品は牛乳!(追記1月5日)

 

ガッテンで尿酸値を下げる、

冷蔵庫の中にある食品として紹介されたのは、

意外なことに「牛乳」でしたね。

 

1日1杯牛乳を飲むと1週間で尿酸値が正常値に戻る、

という実験結果が出ていましたが、

注意したいのは牛乳の種類です。

 

「低脂肪乳」か「無脂肪乳」が効果的とのこと。

 

もし牛乳が苦手なのであれば、

無脂肪のヨーグルトを1日1個食べても、

同じ効果が期待できるんだとか。

 

牛乳(低脂肪・無脂肪乳)が効果的な理由

 

尿酸値上昇の原因は食事が2割、

残りの8割が細胞なのだそうです。

 

何もしなくても細胞が原因で、

体は尿酸を溜め込みやすくなり、

尿酸値が高くなる原因となるんだとか。

 

人の寿命が長くなったのは、

実は尿酸のおかげなので、

適正量の尿酸は必要なもの。

 

ただ、溜め込み過ぎると、

尿酸値が高くなり過ぎて、

痛風の原因になってしまうため、

適度に排出する必要があります。

 

そこで役立つのが、

牛乳に含まれるカゼインという成分。

 

カゼインが体内に入ると、

アラニンという尿酸を排出する成分に、

変わってくれるのです。

 

そのため1日1杯の牛乳が、

尿酸値を下げるのに一役買ってくれるんだとか。

 

これは本当に良い情報!

ガッテン流石ですね!