ピーナッツ

1月11日のガッテンは見逃せませんよ!

「血管を強くしなやかに!

最新ピーナッツパワーSP」という、

魅力的な特集なんです。

 

いまやスーパーフードとまで言われる、

ピーナッツの健康効果を、

最大限に引き出してくれる、

とっておきの裏技レシピに注目!

 

ピーナッツペーストが、

万能の出汁に早変わりするなんて、

凄すぎると思いませんか?

 

スポンサードリンク



ピーナッツを買って食べることありますか?

 

ところで、ピーナッツは好きですか?

最近食べていますか?

 

実は私、柿の種に入っている、

ピーナッツを食べるくらいで、

わざわざ買ってきて、

食べることはありませんでした。

 

ピーナッツを食べ過ぎると、

ニキビが出たりお通じが悪くなる気がして、

何となく避けていたんですよね。

 

でも最近、ピーナッツが、

体に良いことを、

ひょんなことから知ったんです。

 

それからピーナッツに興味を持ち、

今ではわざわざ買って来て、

頻繁に食べるようになったんですよ。

 

ピーナッツの効果、

知ったらきっと腰を抜かすかも。

 

ハーバード大学の研究で実証!ピーナッツの凄すぎる効果

nuts_peanut

ピーナッツには、

なんと!30種類以上のビタミンと栄養素が、

たっぷり含まれているんですって。

 

あの小さい粒に!?凄すぎる!

 

そんなにたくさんの栄養素が、

含まれているなんて、

全然知りませんでした(;・∀・)

 

ハーバード大学の研究で実証されたピーナッツパワー

 

ハーバード大学の研究で、

ピーナッツに含まれる油には、

血管を健康にして、

悪玉コレステロールを減らし・・・

 

なんと!血糖値を下げる効果があると、

最近わかったそうなんです。

 

これを聞くだけでも、

積極的にピーナッツを食べたくなりますよね。

 

でも、ピーナッツって、

太るイメージがありませんか?

 

ピーナッツの油は太らない油!?

 

私はずっとピーナッツの油は、

太るもとだと考えていたのですが、

実はそんなことはないみたいです。

 

ピーナッツの半分は脂肪のようですが、

太ると思われている、

動物性脂肪とは全く別のもの。

 

植物性の不飽和脂肪酸だから太らない

 

植物性のオレイン酸や、

リノール酸が含まれる脂肪なんです。

 

「不飽和脂肪酸」と呼ばれるものですね。

 

この植物性脂肪が、

先ほど紹介したように、

悪玉コレステロールを減らしたりするなど、

生活習慣病の予防に役立つんですって!

 

体に良い脂肪だったんですね!

 

それにピーナッツを食べると、

食後血糖値の上昇が緩やかになるので、

太りにくい食材なんですよ。

 

お腹がすいた時に、

ちょっとだけ食べることもできて、

満腹感も得られるので、

ダイエット中にも良いですよね。

 

他にも健康に良い理由は、

他にもたくさんあります。

 

ピーナッツがスーパーフードな理由

 

ピーナッツがスーパーフードと言われるのは、

不飽和脂肪酸だけでない、

他の栄養成分にも理由がありました。

 

ピーナッツに含まれる、

ナイアシン(ビタミンB3)は、

二日酔いの原因となる、

アセトアルデヒドを分解する役割をします。

 

そのため、おつまみとして、

お酒と一緒にピーナッツを食べると、

二日酔いの予防効果があるんだとか。

 

それにビタミンEも多く含まれていて、

抗酸化作用があるため、

老化予防に役立つという嬉しい効果も。

 

他にもシミのもとになる、

メラニンの生成を抑えたり、

お肌のハリの維持など、

美肌効果も報告されているそう。

 

ナッツ類を食べると、

お肌が荒れるイメージがありましたが、

全く逆だったなんてびっくり!

 

お肌に良いのなら毎日でも食べたいですね。

 

でも、1日にどのくらい食べたら、

健康には良いのでしょうか?

 

血管が強くなるピーナッツの1日の摂取量

 

ピーナッツは本当に、

体にも美容にもとっても良いもの。

 

でも、ピーナッツって、

食べ始めると美味しくて、

ついつい止まらなくなりますよね。

 

どんな食材にも言えることですが、

やっぱり食べ過ぎは良くないです。

 

血管を強くして血糖値や、

コレステロール改善に役立たせる、

健康効果を得るための、

ピーナッツを食べる目安は・・・

 

1日30粒ぐらいが適量!

 

おつまみとして食べていると、

絶対に食べ過ぎてしまう気がするので、

気をつけなきゃいけませんね。

 

そこで!便利な万能レシピがあるんです。

 

ピーナッツの万能コクだし調味料と最強おつまみレシピ

ピーナッツソース

ピーナッツの食べ過ぎ防止に、

有効なのがアレンジレシピ!

 

ピーナッツペーストが、

万能コクだし調味料に早変わりします。

 

そしてとっても美味しくて、

ピーナッツの健康効果を最大限発揮する、

最強のおつまみレシピもあるんですよ。

 

ピーナッツの最強おつまみ術(追記:1月12日)

 

殻を剥いたピーナッツを、

好きなだけ用意しましょう。

 

なるべく白っぽい色のピーナッツを選び、

フライパンで3分から炒りします。

 

表面が少し焦げる位が目安。

とても良い香りがして激ウマです。

 

分とく山野崎シェフのピーナッツペーストレシピ

 

日本料理の名店「分とく山」の野崎シェフが、

万能ピーナッツペーストを紹介。

 

フードプロセッサーが必要ですよ!

なければ、すり鉢でもOK。

 

薄皮が付いたままのピーナッツを、

フードプロセッサーに入れて、

滑らかになるまで潰すだけで完成です。

 

食パンに塗って食べても美味しいそうですよ。

 

千葉県の郷土料理「らっか汁」のレシピ

 

落花生の名産地、千葉県で長年愛されてきた、

郷土料理の「らっか汁」を、

野崎シェフ流にアレンジしたレシピです。

 

<材料>

ピーナッツペースト  20g

味噌          大さじ1

水         200cc

きのこ類       適量

長ねぎ(斜めに切る) 4分の1本

ほうれん草     適量

 

<作り方>

1.鍋に水を入れて火にかけ、

沸騰する前にピーナッツペーストを入れ、

よく混ぜ合わせましょう。

 

2.きのこ類、長ねぎ、ほうれん草を入れ加熱し、

味噌を溶いたら完成。

 

ピーナッツペーストがダマになりやすいので、

野菜などの具材は、

火の通りやすいものがオススメなんだとか。

 

野菜類はあらかじめ下茹でするか、

レンジで加熱しておくと良さそうですね。

 

カンタン坦々うどんのレシピ

 

<材料>

うどん    1玉

長ねぎ(斜めに切る)4分の1本

ピーナッツペースト 25g

醤油       大さじ1

砂糖       小さじ2分の1

豆乳       50cc

ラー油(お好みで) 適量

 

<作り方>

1.豆乳を鍋に入れ沸騰直前まで温め、

火を止めたら醤油、砂糖、

ピーナッツペーストを加えて、

全体を混ぜ合わせておきましょう。

 

2.大き目の鍋にお湯を沸かし、

うどんを袋の表示通りに茹で、

ザルに上げて水切りしたら、

皿に盛り付けます。

 

3.うどんの上に1をかけ、

お好みでラー油をかけたら完成。

 

ラーメンの麺で作っても、

美味しそうですよね。

 

サラダやご飯にピッタリ!万能ピーナッツ甘だれのレシピ

 

<材料>

ピーナッツ    30g

醤油      大さじ2分の1

黒糖      10g

煮切り酢      大さじ1

 

※煮切り酢は鍋に酢を入れて、

沸騰するまで加熱したもの。

量が少ないのですぐできますよ。

 

<作り方>

材料を全部よく混ぜれば完成。

 

サラダのドレッシング代わりに使ったり、

ご飯の上に乗せて食べても美味しい、

本当に万能な甘だれですよ。

 

炒め物に使っても良さそうですね。

 

カカオ豆をピーナッツで代用!ピーナッツ・チョコレートのレシピ

 

<材料>

ピーナッツ  200g

生クリーム  150cc

砂糖     100g

 

<作り方>

1.中火で加熱したフライパンに、

ピーナッツを入れたら、

真っ黒に焦げるまで炒ります。

11分程、根気よく炒め続けましょう。

 

2.フードプロセッサーに1を入れ、

滑らかになるまですり潰します。

 

3.ペースト状になったピーナッツに、

生クリーム、砂糖を加えてよく混ぜ、

好きなカップに流し入れたら、

冷蔵庫で4時間冷やし完成。

※冷凍なら2時間でできます。

 

バレンタインデーの時に、

作ってみたいですね。

 

スポンサードリンク

まとめ

 

ナッツ類は健康や美容に効果的と、

最近よく聞きますよね。

 

色々なナッツの中でも、

ピーナッツは昔から馴染み深く身近なので、

ピーナッツを継続して食べる習慣を、

つけていきたいなと思っています。

 

美味しいピーナッツで、

血糖値、コレステロール改善、

糖尿病軽減に死亡率減少だなんて、

あまりにも嬉しすぎます。

 

ちょっとしたおやつにもなりますし、

ピーナッツぜひ食べてみてくださいね。

 

でも、落花生アレルギーの方は、

食べられないので注意が必要です。