「ズパゲッティ(ZPAGETTI)」って、

知っていますか?

食べる方のスパゲッティではないですよ(^-^;

 

ズパゲッティというのは、

別名「Tシャツヤーン」と呼ばれている、

編み物用の糸のことなんです。

 

本来なら廃棄されるはずだった、

古くなった衣服の布を再利用して、

編み糸にしたエコな商品。

 

市販のものも売っていますが、

実は自宅にある古くなったTシャツからも、

簡単に作れるんですよ。

 

スポンサードリンク



Tシャツヤーン(ズパゲッティ)の作り方

 

Tシャツヤーン(ズパゲッティ)の、

作り方を紹介してくれている、

とってもわかりやすくて親切な動画が、

YouTubeにありました。

<用意するもの>

古くなったTシャツやカットソー 1枚

裁ちばさみ

 

<作り方> 

1.Tシャツについているタグは、

あらかじめ切り取っておきましょう。

 

2.Tシャツを広げて置き、

脇の部分から上は使わないので、

左脇から右脇部分まで、

ハサミで切っていきます。

Tシャツヤーン

 

3.下のスリットの部分は使わないので、

ハサミで切り落としてしまいましょう。

Tシャツヤーン

 

4.スリット部分を切り落とすと、

筒状のもの1枚になっているはずです。

ズパゲッティ

 

5.半分の大きさに畳みましょう。

ズパゲッティ

 

6.半分に畳んだ状態のまま、

左端から大体3cm幅で切っていき、

右端は切り落とさずに、

1cm程度残すようにします。

ズパゲッティ

 

7.上まで全部切ると、こんな感じになりますよ。

ズパゲッティ

 

8.畳んで2枚重なった状態で切ったので、

広げてみましょう。

ズパゲッティ

 

9.ひも状にするため切り離すのですが、

最初の端の部分(縫い合わせられた部分)は、

斜めにハサミを入れるのがポイント。

ズパゲッティ

 

10.1本のひもになるよう繋げていくために、

次の端の部分は真っ直ぐハサミを入れます。

ズパゲッティ

 

11.端の部分に行く毎に、

斜め→真っ直ぐ→斜め→真っ直ぐのように、

工程の9と10を繰り返し行って、

1本のひもにしてしまいましょう。

ズパゲッティ

 

12.次に袖の部分を切り落として、

工程の6と同じように、

右端を1cm残すようにしながら、

3cm幅でカットしていきます。

ズパゲッティ

 

13.繋がっている部分を、

下から順番に斜めにカットしていけば、

1本のひも状になりますよ。

ズパゲッティ

 

14.袖部分と胴体部分で、

ひも状のものが2本できるので、

1本にしていきましょう。

ズパゲッティ

端を少し折り、折り目の部分に、

ハサミを縦に少し入れると穴が開きます。

ズパゲッティ

 

15.もう1本のひもにも端に穴を開け、

長い方の穴に短い方の端を通して結び、

横に引っ張ると1本のひもになりますよ。

ズパゲッティ

 

16.ひも状になったら糸にするために、

少しずつひもを両手で持ち、

両端を横にぎゅっと引っ張りましょう。

ズパゲッティ

引っ張ることで、くるんと丸まった糸になります。

 

17.全て引っ張るとこんな感じで、

ズパゲッティことTシャツヤーンの完成です!

ズパゲッティ

基本的にハサミで切って、

できたひも同士を繋ぎ合わせ、

横に引っ張るだけ。

 

思った以上に簡単に、

編み糸ができちゃいますよね。

 

スポンサードリンク

まとめ

 

私は不器用なので、

慣れるまでは動画のように、

ボーダーのTシャツで作りたいです。

 

ボーダー柄のカットソーなら、

線に沿って切れば真っ直ぐになるので、

失敗知らずですよね。

 

今話題のズパゲッティこと、

Tシャツヤーンのバッグを作るためにも、

まずは編み糸の作り方から、

マスターしましょう。

 

作るのが面倒なら、

市販のものを買って、

バッグ作りから始めてみては?

 

 

売り切れているお店が多いですが、

楽天に在庫があるお店もありましたよ。

詳細はこちらから確認できます。