カステラを1本買ってきた時や、

お土産で頂いた時とかに、

食べ続けて飽きることってありませんか?

 

それに、ある程度時間が経つと、

パサパサになってしまって、

美味しかったカステラが残念なことに(>_<)

 

そうなるともう食べたくなくなりますよね。

でも、捨てるのはもったいない!

 

そんな時に便利なのがカステラのアレンジレシピ、

「カステラトースト」なんです。

 

わざわざカステラを買ってでも作りたくなる、

簡単で美味しいレシピを紹介しますね。

 

スポンサードリンク



シンプル!カステラトーストのレシピ

sweets_kasutera

たまにスーパーや通販で、

カステラの端っこが、

まとまって販売されていることがありますよね?

 

リーズナブルで美味しいので、

つい買ってしまうことも。

 

そのまま食べるだけでは飽きるので、

カステラトーストにアレンジして、

食べてみると、とっても美味しいですよ!

 

そのまま食べることに飽きてしまったら、

ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

カステラトーストの作り方

 

カステラトーストの作り方はとっても簡単。

 

カステラをオーブントースターで、

両面に焼き色がつくまで焼きます。

 

トースターによって焼き時間が違うので、

注意して焼き具合を見て下さいね。

 

焼き色がついたらトースターから出して、

バターかマーガリンを塗れば完成!

 

外はカリカリ、中はフワフワの、

カステラトーストが楽しめます。

 

ラスクともちょっと違いますし、

スポンジケーキとも違う。

 

なんだか不思議だけど、

美味しいスイーツに大変身しちゃうんですよ!

 

焼くだけでいいというのが簡単ですよね。

 

スポンサードリンク

カステララスクに挑戦!

 

カステラトーストは、

両面を軽く焼く程度ですよね。

 

それだけでも十分美味しいのですが、

カステラを焼いて冷ますのを繰り返すと、

ラスクのようにサクサクになるんです!

 

グラニュー糖を乗せて焼けば、

甘くてカリカリのラスクになるんですよ。

 

できたカステララスクに、

溶かしたチョコレートをつけて食べても、

美味しいんです。

 

5、6回は焼いて、冷ましてということを、

繰り返さなければいけないので、

ちょっと時間はかかりますが、

この食感はやみつきになりますよ!

 

余ってしまったカステラを捨てることもなく、

新しいスイーツに生まれ変わらせることが出来るので、

ぜひぜひ、やってみてくださいね。

 

フワフワのカステラとはまた違った食感を、

楽しむことができますし、

ラスクにすれば、

保存期間を延ばすことも出来るので便利ですよ。