ナゾル4

電子辞書は中高生、大学生はもちろん、

社会人やシニアにとっても必需品ですよね。

 

春からの新生活に向けて、

どんな電子辞書を買おうか、

迷っている人も多いはず。

 

どの世代にも使いやすい

電子辞書を探していたら・・・

 

ありました!シャープの「ナゾル」!

 

軽いので持ち運びにも便利だし、

スマホよりも早く調べられる、

近未来的で画期的な電子辞書。

 

ちょっと気になりませんか?

 

スポンサードリンク



ナゾルとは?

 

「ナゾル」というのは、

シャープ製のペン型の電子辞書のこと。

 

正式にはペン型スキャナー辞書。

 

2016年の11月に発売されたばかりで、

今年のヒット商品候補と言われるくらい、

注目度が高いんですよ。

 

画期的なのはその使い方!

 

ナゾルの簡単すぎる使い方

 

YouTubeのシャープ公式動画の、

ナゾルの使い方がわかりやすいので、

オススメですよ。

 

電子辞書を使ったことが無い人にも、

すぐ使えるくらい使い方は簡単。

 

1.まず左のペンのマークを押します。

ナゾル

 

2.意味を知りたい語句の左隣に、

ナゾルのペン先を置きましょう。

ナゾルⅠ

3.調べたい語句の上を、

真っ直ぐスッとなぞれば・・・

ナゾルⅡ

 

4.こんな感じで意味が詳しく表示されます。

ナゾルⅢ

 

意味を知りたい語句の上を

「ナゾル」でなぞるだけで、

意味が簡単にすぐ調べられるなんて、

画期的で便利ですよね!

 

ナゾルの先端はスキャナーになっていて、

そこで文字を読み取るんですよ。

 

するとたったの2秒ほどで、

本体にある画面に、

意味が表示されるんですね。

 

2秒で調べられるなんて速すぎ!

 

電池も長持ちするから快適に使える

 

2秒で簡単に調べられるから、

積極的に使いたい所ですが、

気になるのはバッテリー。

 

ナゾルの本体はコイン型電池ではなく、

単4電池2本を使用します。

 

単4電池ならコンビニでも買えるから、

便利で良いですよね。

 

単4電池でどの程度持つかというと・・・

 

なんと!約30日間も、

連続使用が可能なのだそうです!

 

頻繁に電池交換しなくても良いのは、

嬉しいと思いませんか?

 

で、気になるのは、

ナゾルに内臓されている辞書ですよね。

 

ナゾルに内臓している辞書は?

 

ナゾルの辞書の種類は2種類あります。

 

まずは「国語辞典スーパー大辞林 3.0」

約26万5千項目収録。

 

そして「英和辞典グランドコンサイス英和辞典」

約36万項目収録のものです。

 

ナゾル1本に2つの辞書が入っているのではなく、

1本につき1つの辞書になりますよ。

 

国語辞典の方は、

縦書きの文字にも対応しているので、

縦書きが多い本を読む時にも便利!

 

それに左利きの人でも使いやすいように、

利き手を設定できるんですよ。

 

使いやすさをすごく考えてくれている、

とても優しい商品ですよね。

 

紙の辞書や一般的な電子辞書との違い

 

辞書といえば一番最初に浮かぶのは、

昔からある紙の辞書ですよね。

 

紙の辞書のデメリットは、

辞書が手に馴染むまで使わないと、

調べるのに時間がかかるところ。

 

そして何よりも持ち運ぶには、

重くて大変ですよね。

 

一般的な電子辞書との違いは、

サイズや重さはもちろんですが、

なぞるだけで調べられるので、

語句を手入力する手間が省けます。

 

ちなみに同じ語句を、

ナゾルで調べるのと、

紙の辞書で調べた場合の、

スピードを検証している、

面白い動画もありましたよ。

かなりスピード感が違いますよね。

 

スポンサードリンク

まとめ

 

ナゾルはかなり優秀なペン型辞書ですが、

英和と国語の両方を使う場合は、

2本持ちが必要なのが難点。

 

でもサイズは158×36×21mmで、

重さは86gと軽いので、

2本持っても紙の辞書1冊分の重さにも

ならないくらい軽いです。

 

大きめのペンケースなら、

収納できちゃいますしね。

 

わからないことがあったら、

サッと取り出してパッと調べられるなんて、

かっこいいし自慢できそうな気がします。