韓国料理によく使われている、

えごまの葉、食べたことありますか?

 

私はよく行く焼肉屋さんで、

「えごまの葉のキムチ」があって、

初めて知ったのですが、

これがすごくおいしくて大好きなんです。

 

おつまみにもピッタリ!

 

今までえごまの葉がどんなものなのか、

よくわかってないまま、

特に何も考えずに「おいしいなぁ」と思って、

食べていましたが・・・

 

そういえば、えごまの葉と、

しその葉って何が違うんだろう?

 

形も良く似ているし、

違いが気になり始めてしまいました。

 

スポンサードリンク



えごまの葉としその違い

えごま

えごまの葉はしそ(大葉)と、

見た目がそっくりでよく似ています。

 

それもそのはず。

 

えごまはしそ科の植物で同じ仲間!

 

違いはしそ(大葉)より少し大きくて、

葉っぱが厚いです。

 

そして、しそ(大葉)の爽快な香りとは違い、

えごまの葉には独特の風味というか、

クセがあります。

 

収穫時期は初夏〜9月ぐらいまでとのこと。

 

しそ(大葉)よりも鉄分・カルシウム・ビタミンが豊富で、

しそのように抗酸化作用もあるので体に良く、

積極的に食べたい野菜ですね。

 

と言っても・・・

 

えごまの葉ってどんな食べ方だと、

美味しく食べられるのでしょうか?

 

えごまの葉を使ったおすすめレシピ

 

体に良いのはよくわかっても、

しそと違って、

えごまの葉はまだ私たちには馴染みが薄いです。

 

どのように料理に使ったらいいか、

迷ってしまいますよね。

 

ここで私のオススメレシピを、

2つ紹介したいと思います。

 

ご飯が進む!えごまの葉のしょうゆ漬け

 

まずはしょうゆ漬けです。

 

【材料】

えごまの葉 40〜50枚ほど

しょうゆ 100cc

酒 大さじ2

一味唐辛子 適量(辛さは調節してください。)

ごま油 小さじ1

すりおろしにんにく 少々(お好みで加減してください)

ネギ(みじん切り)

白ごま 大さじ2

 

【作り方】

1. えごまの葉を洗います。水分はキッチンペーパーで拭き取ります。

2. えごまの葉以外の材料をすべて混ぜます。

3. 1枚ずつ「2」で混ぜたタレをつけながら重ねていきます。

4. 冷蔵庫に入れて、2日間ほどおいたら完成です。

 

これ、白いご飯が進みすぎて、

困っちゃうぐらい美味しいです!

 

私はいつも食べ過ぎてしまいます(^-^;

 

次は豚肉を使った、

えごまの葉巻きレシピをご紹介しますね。

 

豚肉の肉汁がたまらない!えごまの葉巻

 

【材料】

豚肉(薄くスライスされたもの)200グラム

えごまの葉      10枚

しょうゆ 大さじ1

みりん 大さじ1

砂糖 大さじ1

水 大さじ1

ごま油 適量

 

【作り方】

1. えごまの葉を洗い、水分はキッチンペーパーで拭き取り、半分に切ります。

2. 2〜3枚ぐらいを丸めて豚肉でくるくるとロール状に巻きます。

3. フライパンにごま油を入れて、巻いた豚肉を焼きます。

焦げ目をつけるとおいしそうに見えます。

4. 一旦、焼いたものを取り出したら、フライパンに調味料をすべて入れ沸騰させます。

5. 先ほど取り出したものを入れて、タレを絡めたら完成です。

 

こちらのレシピも簡単ですよね!

 

コチュジャンを入れると、

韓国料理っぽくなって美味しいですよ。

 

スポンサードリンク

まとめ

 

えごまの葉、意外にすんなりと、

日常使いの野菜になりそうだと思いませんか?

 

しそとはまた違う美味しさですし、

料理方法も違うのでレパートリーが広がりますよ!