コーセーのプチプラコスメ、ファシオの

マスカラ下地(ベース)が新発売されてから、

ずーっと気になっていました。

 

ファシオのマスカラって、

下地を使わなくても、

目がパッチリ見えるところが大好きで、

何度もリピ買いしているんですよ。

 

この優秀なマスカラを使う前に、

下地も合わせて使えば最強ですよね!?

 

でもね、キープ力があればあるほど、

どうしても気になってしまうのが、

落ちにくいんじゃないかってこと。

 

正しい使い方と落とし方、調査してみましたよ!

 

スポンサードリンク



ファシオのマスカラ下地(マスカラベース)の特徴

 

私が普段使っているファシオのマスカラは、

パワフルカールマスカラのロングで、

ウォータープルーフと皮脂プルーフの、

時間が経ってもにじまないタイプ。

 

実は今回新たに発売された、

ファシオのマスカラベースにも、

ウォータープルーフ効果に加え、

皮脂プルーフ効果もあるんですよ!

 

マスカラ下地で皮脂プルーフって、

聞いたことないですよね。

 

だから下地もマスカラも、

ウォータープルーフ&皮脂プルーフなら、

パンダ目の心配なんてないし、

長時間きれいをキープできそう。

 

目の周囲って意外と皮脂が多いので、

アイメイクは崩れやすいものだから、

にじまないのは助かります。

 

それに、にじまないだけじゃなく、

この鉄壁のプルーフ効果のおかげで、

朝作ったきれいなカールも長続きするんです。

 

カールってすぐに伸びちゃうので、

悩んでいる人も多いんじゃないかな。

 

で、このファシオのマスカラ下地ですが、

実は2種類発売されているんです。

 

ファシオマスカラベースのボリュームとロングの違い

 

今回ファシオから発売された、

優秀なマスカラ下地は2種類。

 

「ボリューム」タイプと

「ロング」タイプがあるんです。

 

どんな風に違うかというと・・・

 

ファシオマスカラベースボリュームの特徴

ボリュームタイプの方は、

凸凹した粉体が配合されていて、

まつ毛にしっかりと密着することで、

マスカラがつきやすくなり、

ボリュームアップしたまつ毛になるんですよ。

 

つけま付けてる!?って聞かれるくらいの

ボリュームが出るんだとか。

 

もちろんカールキープ成分も配合だから、

ボリュームを出した上に、

カールも長持ちする優れもの。

 

ロングタイプの方はどうかというと・・・

 

ファシオマスカラベースロングの特徴

ロングタイプの下地に配合されている

ファイバー(繊維)には、

2mm・3mm・4mmという異なる長さが、

ミックスされているんです。

 

これによって、まつ毛の長さが、

自然な感じできれいにプラスされます。

 

この繊維がまつ毛に付きやすいので、

マスカラが付きにくい短いまつ毛にも、

楽々マスカラが塗れるようになるんですよ。

 

もう、つけまつげに頼らなくても、

自まつ毛で平気かもしれませんね。

 

ロングとボリュームどちらがオススメ?

 

ボリュームもロングも、

どちらもファシオの工夫が感じられるので、

どちらを使うか迷ってしまいます。

 

マスカラを選ぶのと同じで、

まつ毛の短さが気になるならロング、

ふさふさまつ毛にしたければボリューム、

という選び方が良さそうですよね。

 

できれば、2本持ちして、

TPOに合わせて使い分けしたいものです。

 

で、このファシオのマスカラ下地、

使い方はとても簡単なのですが、

ちょっとしたコツで仕上がりが変わるので、

オススメの使い方を紹介しますね。

 

ファシオマスカラ下地の使い方

 

使い方は簡単で、マスカラを塗る前に、

下地を塗るだけなのですが、

コツがあるので押さえておきましょう。

 

基本的にまつ毛の下の方から上に向かい、

ブラッシングするように、

まつ毛に滑らかに塗っていきます。

 

均等に下地がつくように丁寧に。

 

きれいに仕上げるためのコツ

 

ここできれいに仕上げるコツ!

 

まつ毛の毛先までブラシを持って行ったら、

毛先の所で手を固定して、

「1,2,3」とゆっくり数えましょう。

 

そうすることで、

後から塗るマスカラに下地が絡みやすくなり、

カールもより長持ちしてくれます。

 

下まつ毛につける場合は、

トントンと乗せるように、

下地を付けていってくださいね。

 

マスカラ下地がきれいに塗れたら、

あとはいつものマスカラを付けるだけ。

 

まつ毛がきれいにセパレートされて、

目がパッチリと大きく見えますよ。

 

ただ、実は気になることが2つあって・・・

 

ファシオのマスカラ下地は白くなる!?

 

ファシオのマスカラ下地を初めて知った時、

気になったのが、まつ毛が白くなること。

 

このマスカラベースを知ったきっかけは、

こちらのYouTubeの紹介動画。

 

モデルさんのまつ毛が、

かなり白くなってる気がしませんか!?

 

正直、これ見た時に、

上からマスカラ塗っても後残りして、

白いのが目立つんじゃないのかなって、

不安に思いましたよ。

 

でも、そのまま動画見ていたら、

この白い部分をカバーするように、

マスカラを乗せていけば、

逆にきれいに色が乗ることがわかって、

本当に安心しました。

 

ね?きれいに黒く乗っているでしょ!?

もし、ファシオのマスカラ下地を使って、

マスカラを塗ったけど、

白い繊維が悪目立ちして嫌だっていうなら、

マスカラの塗り方が甘いかも。

 

白いのが消えるくらい塗るのがオススメ!

 

重たくなりそうで嫌なら、

マスカラはお湯で簡単に落とせて、

ダマになりにくいものを使うと良いですよ。

 

同じファシオのものなら、

グッドカールマスカラかな。

 

で、白くなることの他に、

もう一つ気になったのが落ちにくいことです。

 

落とし方にもコツがあるんですよ。

 

ファシオマスカラ下地の落とし方のコツ

 

ファシオのマスカラもマスカラ下地も、

ウォータープルーフ&皮脂プルーフのものは、

とにかく落ちにくいのが難点。

 

水にも皮脂汚れや汗、涙でも、

落ちないくらいだから、

落ちにくくて当然なんですけどね(^-^;

 

私も最近知ったのですが、

実は専用のリムーバーが、

ファシオから発売されているって、

気付いていましたか?

 

それなら簡単に落とせますよ。

と言ってもちょっとコツは必要です。

 

ウォータープルーフ&皮脂プルーフマスカラを落とすコツ

 

マスカラ&マスカラ下地を

きれいさっぱり落とすために使うのが、

ファシオのイージーアイメイクリムーバー。

 

やっぱり同じブランドのものを使うのが、

間違いないありませんよね。プチプラだし。

 

このリムーバーは、

普通のリムーバーとは違って、

マスカラと同じような形状なのが特徴。

 

使い方は簡単で、

マスカラや下地を塗るように、

まつ毛の下から上へ向かって、

まんべんなくコームで付けるだけ。

 

コームの先を使ってポンポン付ければ、

細かい所にもちゃんと届いてくれます。

 

リムーバーを付け終わったら、

浸透するまで2分間ほど待って、

あとはいつものクレンジング&洗顔で、

完璧に落ちてくれますよ。

 

もしそれでも落ちないのであれば、

もう一度リムーバーを使って下さいね。

 

ファシオのマスカラ下地は口コミ評価も高い!

 

ファシオのマスカラ下地、

口コミでも評判が良かったですよ。

 

・ボリュームタイプは繊維がないからマスカラが塗りやすい。

・まつ毛の本数が多くなって見える。

・ロングタイプは繊維が長く、自然な上向きまつ毛になった

・見事なカールキープ

など

 

悪い評価はやっぱり、

落ちにくいという意見ばかりでしたね。

 

ファシオのリムーバー、

本当によく落ちるので試してみて下さい。

 

スポンサードリンク

まとめ

 

私はまつ毛が少ないのが悩みなので、

選ぶならボリュームタイプかな。

 

今はまつ毛エクステで、

マスカラを使わない人も多いみたいですが、

私は今もずっと自まつ毛でマスカラ派なので、

優秀なマスカラ下地は本当に助かります。

 

やっぱりファシオは最高ですね!