拭き取り化粧水を使っていますか?

 

クレンジング用の化粧水だと、

勘違いされることも多いのですが、

ノーメイクで使うものです。

 

拭き取り化粧水って、

普通の化粧水の前に使うものなので、

「絶対に必要な化粧品」じゃないですよね。

 

でも、この一手間を加えることで、

肌のくすみが一掃され、

次に使う化粧品の浸透を助けてくれる、

実はとても素敵なアイテム。

 

ただ、注意点もあって、

間違った使い方をすると大変なことに・・・

 

スポンサードリンク



拭き取り化粧水の役割と効果って?

 

洗顔後のお手入れは、一般的に

「化粧水→美容液→乳液→クリーム」

の順番で行いますよね。

 

拭き取り化粧水は「洗顔後すぐ」、

「化粧水の前」に使用する化粧水。

 

使い方はコットンに拭き取り化粧水を含ませて、

洗顔後のお肌を拭き取るだけです。

 

拭き取り化粧水を何のために使うかというと、

洗顔では落としきれないメイク汚れを落としたり、

古い角質を取り除くため。

 

汚れや古い角質を取り除くことで、

その後に使う化粧品の浸透を良くしてくれる

メリットがあるんだそう。

 

拭き取り化粧水の効果

 

古い角質は普通、

肌のターンオーバーで剥がれ落ちてくれるもの。

 

でも、年齢と共にターンオーバーが

遅くなってしまうので、

古い角質がお肌に残りやすくなってしまいますよね。

 

古い角質がお肌に居座ったままだと、

化粧水や美容液などが、

お肌に浸透しにくくなってしまうんですよ。

 

つまり、ターンオーバーが遅くなってしまったお肌では、

せっかくのお手入れがムダになっている

可能性があるってことですよね・・・

 

しかも、古い角質がお肌に残ったままだと、

シミやくすみ・お肌のごわつきの

原因にもなってしまうんですって。

 

通常の化粧水は「与えること」で

お肌の健康を手助けしますが、

拭き取り化粧水はその逆。

 

「取り除くこと」で

お肌を助けるアイテムってことですね。

 

確かに年齢と共に、

お肌はくすんでごわついてきたし、

化粧水も染み込みにくくなったような・・・

 

使い方も簡単だし、

これはもうすぐにでも使うべきなのでは!?

と思ってしまいました。

 

でもね、注意事項もあるんですよ。

 

というのも拭き取り化粧水は、

使い方を間違えると、

逆にお肌を傷つけてしまうことになるんですって!

 

拭き取り化粧水を使う場合の注意点

 

まず、注意点をお伝えしますね。

 

摩擦に注意

 

コットンに含ませる化粧水の量が少なかったり、

強く拭き取ってしまうと、

お肌に摩擦を起こしてしまいます。

 

ご存知の通り、摩擦は・・・

 

・敏感肌

・お肌の乾燥

・シミ

・シワ

 

などのお肌のトラブルの原因に

なってしまいます。

 

ですからコットンには、

たっぷりと化粧水を含ませて、

とにかく優しくお肌の上を

滑らせるように使ってくださいね。

 

コットンの質にも要注意

 

使うコットンにも注意が必要です。

お肌って思っている以上に繊細。

 

コットンの質が悪いと、

お肌に細かい傷がついてしまう

可能性があるんだそうです。

 

毛羽立ちが少なく、

柔らかいコットンを使用してくださいね。