ルイボスティーの味は薬っぽいから苦手、

という人も多いですよね。

実は、私も最初はそうでした。

 

でも、美容や健康にとても良いと評判の

ノンカフェインのお茶だから、

飲みやすいアレンジをして、

毎日飲み続けられれば嬉しいと思いませんか?

 

おすすめのレシピ、ありますよ(*^-^*)

 

スポンサードリンク



薬みたいな味が消える!ポッカレモンのレシピ

 

ルイボスティーの味は独特なので、

飲み慣れるまでは、

飲み続けるのが結構大変!

 

いろいろアレンジを試してみて、

薬っぽい味が一番消えたと感じたのが、

ルイボスティーにレモンを入れるだけの、

超簡単レシピなんです。

 

 

本当は生のレモンがあれば、

輪切りにして浮かべるのが、

見た目も癒されるし香りも良いのですが・・・

 

毎日の習慣として飲み続けるためには、

なるべく手軽にアレンジしたかったので、

実は生のレモンではなく、

ポッカレモンを使っているんです。

 

でも、薬っぽさを消すためには、

ポッカレモンでも十分。

 

レモンルイボスティーの淹れ方

 

1.ティーポットにルイボスティーの

ティーバッグを入れお湯を注ぎ、

1分間待ちましょう。

 

2.ティーカップに1を注いだら、

ポッカレモンを3滴入れて、

よく混ぜたら完成。

 

生のレモンを使う場合は、

薄く輪切りにしたレモン1枚を、

カップに注いだルイボスティーの上に、

そっと浮かべればOKです。

 

生のレモンだと時間の経過とともに、

飲みやすくなるイメージですね。

 

すりおろし生姜を入れても美味しい

 

私はレモンルイボスティーに、

すりおろした生姜を加えるのも好き。

 

チューブ生姜でも大丈夫。

 

カップに生姜を入れてから、

ルイボスティーを注ぎ、

ポッカレモンを3滴入れるだけです。

 

体も温まって美味しいですよ。

 

そして、時間がある時にオススメなのが、

フルーツをたっぷり入れたレシピです。

 

オシャレで飲みやすい!フルーツ入りレシピ

 

好きなフルーツをたっぷり入れた、

ルイボスティーならアレンジも自由自在。

 

旬のフルーツを使うのがオススメですよ。

 

透明のティーポットで作れば、

見た目もオシャレなので、

お友達や家族との

ティータイムに作るのもいいですね。

 

アイスティーの方がより飲みやすいので、

アイスティーレシピで紹介します。

 

フルーツ入りアイスルイボスティーの淹れ方

1.パインやオレンジなど好きなフルーツを、

一口サイズの大きさにカットし、

ティーポットの中に入れておきます。

 

2.やかんか小鍋に500㏄の水を入れ、

ルイボスティーのティーバッグを加えたら、

沸騰するまで加熱しましょう。

 

3.沸騰したら弱火にし、

15分間じっくり煮出していきます。

 

4.3を1に注いだら、

粗熱が取れるまで置いておきましょう。

 

5.グラスに氷をたっぷり入れ、

粗熱が取れた4を注いだら完成。

 

お好みでガムシロップや蜂蜜で、

甘みをつけて飲んでも美味しいですし、

ミントを浮かべればスッキリ飲めますよ。

 

フルーツの栄養も取れるし、

飲みやすくてオススメ!

 

そうそう!アイスティーにせず、

熱い状態で飲みたいなら、

レモンを入れると飲みやすくなりますよ。

 

フルーツとレモン以外のおすすめアレンジ

 

チャイが好きなら、

ルイボスティーのチャイ風アレンジがオススメ。

 

ルイボスティーに牛乳か豆乳、

すりおろし生姜(チューブでも可)、

はちみつを入れて混ぜると、

チャイ風の味になり飲みやすいです。

 

牛乳などの量は、

人それぞれ味の好みが違うので、

ルイボスティーに少しずつ加えながら、

自分の好きな味に近付けてみて下さいね。

 

あと、意外と合うのがメープルシロップ。

 

これも少しずつ加えてみて欲しいのですが、

普通の紅茶に入れるよりも、

ルイボスティーとの相性が良い気がします。

 

お互いのクセが上手く調和したような感じですかね。

 

どれもルイボスティーに何かを入れて、

混ぜるだけというシンプルアレンジなので、

飲みやすい好みの味を見つけてみて下さいね。

 

アレンジレシピは以上になりますが、

ところでルイボスティーを飲むと、

どんな効果が期待できるのか、ご存知ですか?

 

ルイボスティーにはどんな効果が期待できるの?

 

ルイボスティーは、

カフェインが入っていないお茶。

 

体を冷やしにくいので、

私のように温活のため、

飲んでいる人も多いことでしょう。

 

でも、ルイボスティーの効果として、

広く知られているのは、

実は抗酸化作用なんです。

 

抗酸化作用といえば・・・

アンチエイジング( *´艸`)

 

ルイボスティーに含まれている、

ケルセチンというポリフェノールが、

お肌の老化を防いでくれるんだとか。

 

それにマグネシウムやミネラルも豊富なので、

腸内環境を整えてくれたり、

免疫力アップや花粉症の症状緩和にも、

一役買ってくれることが期待できるんです。

 

美容健康効果が期待できる、

ノンカフェインのお茶だなんて、

嬉しすぎますよね。

 

スポンサードリンク

まとめ

 

ルイボスティーはノンカフェインなので、

妊娠中の人や子供でも安心して飲めますし、

妊活中の方でももちろん大丈夫。

 

飲みにくいイメージが強いかもしれませんが、

ちょっとしたアレンジで、

美味しく飲めるので試してみて下さいね。

 

ちなみに2週間以上飲み続けた私は、

さすがに味にも慣れてきて、

今ではアレンジ無しでも、

普通に飲めるようになりましたよ。

 

自分に合った味を見つけられると良いですね。