sweets_yoghurt

ヨーグルトパックが危険だって聞いて、

ちょっと怖くなっています(>_<)

作り方も覚えて美肌効果を期待していたのですが・・・。

 

ヨーグルトには乳酸菌が、

多く含まれているので、

健康に良いと言われていますよね。

 

乳酸菌の整腸作用で、

腸をキレイにしてくれる食品として

一般的に広く知られていますが、

お肌に塗ると美肌効果も得られると聞いたんです。

 

それがヨーグルトパック。

 

ヨーグルトをお肌に塗るなんて、

考えたことがなかった人にとっては、

ビックリするようなことかもしれませんね。

 

特に毛穴に悩みを持っている人には、

おすすめのはずなのですが・・・。

 

スポンサードリンク



ヨーグルトパックの効果

 

ヨーグルトにはフルーツ酸、乳清、

ビタミンB群が含まれているんです。

 

フルーツ酸には、

古くなった角質をはがれやすくしてくれる、

効果があるんですよ。

 

肌のくすみは古い角質が原因の1つなので、

角質をキレイに落とすということは、

美肌には必要なことなんです。

 

乳清はホエーとも呼ばれ、

ヨーグルトの上に染み出ている液体。

 

このホエーも栄養成分がたっぷり。

 

ホエーには強力な美白効果があり、

アンチエイジングにも活用できると

最近の研究で明らかになったんです!

 

体に取り入れるだけではなく、

お肌にも使えるのが嬉しいですね。

 

ビタミンB群はお肌の新陳代謝に効果があります。

 

こんなに美肌効果があるなら、

安心できそうなものですが、

本当に危険なのかなあ・・・。

 

先に、ヨーグルトパックの作り方を、

紹介しますね。

 

ヨーグルトパックの作り方

pack_face

ヨーグルトをそのままパックにすると、

緩すぎてしまいますよね。

 

ではどのようにして、

ヨーグルトパックを作ったら良いのでしょうか?

 

ヨーグルトパックに使うヨーグルトの量は

そんなに多くなくて大丈夫。

 

少量でいいので経済的ですよ。

 

ヨーグルトパックを作る手順

 

ヨーグルト大さじ1~2杯に、

小麦粉を大さじ1程度混ぜて下さい。

 

この時、ヨーグルトはプレーンを使いましょう。

 

フルーツが入っているものより、

プレーンの方が効果的なんですよ。

 

小麦粉の量は目安として考えておきましょう。

 

お肌に塗りやすい硬さにならなければ、

キレイにパックをすることができないので、

様子を見ながら調整してくださいね。

 

ヨーグルトと小麦粉がよく混ざったら

ヨーグルトパックの完成です!

 

ヨーグルトパック+ハチミツで効果アップ

 

この基本のヨーグルトパックに

更に美肌効果がある材料をプラスして、

オリジナルのパックを作ることもできますよ。

 

例えばハチミツ。

 

ハチミツには保湿効果があるので、

乾燥に悩んでいる場合にはハチミツを

ティースプーン1杯混ぜるとよいです。

 

オリーブオイルやココナッツオイルも、

乾燥には効果的ですよ。

 

ピーリング効果も欲しいなら・・・

 

よりピーリング効果を得たい場合には、

重曹を加えてみるのもよいですね!

 

完成したヨーグルトパックを顔に塗り、

10分程度そのままにしておきます。

 

コットンなどでパックをキレイにふき取り、

よくすすぎましょう。

 

その後、化粧水などでケアをすれば完了です。

 

と、ここまでヨーグルトパックの効果や

作り方を見てきましたが、

一体、何が危険なのでしょうか?

 

ヨーグルトパックは本当に危険!?

 

ヨーグルトパックが危険だと、

疑われる理由がわかりました!

 

それは、注意点を守らずに使って、

肌荒れを起こしている人がいるからです。

 

使い方さえ間違わなければ、

ヨーグルトパックは安心して使えますよ!

 

注意点を見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

ヨーグルトパックの注意点

 

ヨーグルトパックはコスパも良いので、

毎日続けたいと思うかもしれません。

 

確かに毎日使って美肌になれた!

という口コミもあります。

 

ただ、ヨーグルトに含まれている、

フルーツ酸そのものに

強いピーリング効果があるので、

毎日使うとお肌にダメージを与えることがあります。

 

個人差もありますが、

ダメージになることも考えられるので、

ヨーグルトパックを行うのであれば、

3日に1回程度にしましょう。

 

ヨーグルトは新鮮なものを使うこと

 

またヨーグルトは発酵食品ですが、

古くなってしまうと、

思いもよらないトラブルが発生することも。

 

ヨーグルトパックに使う場合には、

ヨーグルトは新鮮なものを使い、

パックが余ってしまったので、

そのまま保管をするということは避けましょう。

 

1回作ったパックは、

使い切った方が安全です。

 

乳製品アレルギーの人は使ったらダメ

 

そして、乳製品のアレルギーがある人は、

ヨーグルトパックは使ったらダメです。

 

アレルギーは自分が把握していないものも、

あるかもしれません。

 

ヨーグルトパックを作って、

お肌がヒリヒリするようであれば

すぐに洗い流してください。

 

肌が赤くなってしまった場合には放置せず、

皮膚科を受診してくださいね。