忙しい人には欠かせない、常備菜。

数ある常備菜の中で、

今おすすめしたいのは「塩きのこ」です。

 

作るのがとても簡単で、

きのこの栄養素もしっかり摂ることができる、

作り置き料理なんですよ。

 

食物繊維たっぷりのきのこは、

お腹の調子を整えますし、

毎日の食事に食べたい食材。

 

塩きのこは、色々なお料理に使いやすいので、

レパートリーが広がりますよ。

 

今回は、塩きのこのレンジでの作り方と、

パスタやご飯が絶品になる、

アレンジレシピを紹介します。

 

スポンサードリンク



塩きのこの作り方&保存方法は?

 

塩きのこはその名の通り、

塩ときのこだけで作るシンプルなもの。

 

きのこを大量に買ってしまった時、

袋のまま数日置いておき、

使うのを忘れてしまってはもったいない!

 

簡単すぎて拍子抜けするくらい、

塩きのこの作り方は簡単なので、

ささっと作ってしまいましょう(^O^)

 

レンジで簡単!塩きのこの作り方

 

【材料】

・えのき    200g

・ブナピー   100g

・しめじ    100g

・まいたけ   100g

・塩      小さじ2

 

【作り方】

1.きのこ類はいしづきを取り、

えのきは半分にし、ほぐします。

残りのきのこもほぐしておきましょう。

 

2.耐熱容器に入れて、

600Wのレンジで4分ほど加熱します。

 

3.レンジから取り出して、

熱いうちに塩を振ったら、

よく混ぜ合わせ完成!

 

塩きのこの保存方法と保存期間

 

塩きのこを作ってすぐ保存したい時は、

粗熱を取るために、

しばらく常温に置いておきましょう。

 

その後、煮沸消毒した保存用の瓶や

タッパーなどに移して、

冷蔵庫に入れます。

 

冷蔵庫で約5日間、保存できますよ。

 

きのこは塩と混ぜ合わることで、

水分が出て、うまみが残り、

美味しさがアップ!

 

調味料が塩だけというのもポイントで、

和洋中、変身させやすいです。

 

きのこは、1種類だけでも作れるのですが、

お好みのきのこを数種類混ぜ合わせる方が、

それぞれの風味が絡み合うのでオススメ!

 

次はアレンジレシピです(*^-^*)

 

塩きのことほうれん草の中華和えのレシピ

 

塩きのことほうれん草の中華和えは、

献立に青物が足りないと思った時に、

火を使わずに作れてしまう時短料理です。

 

【材料】

・塩きのこ     100g

・ほうれん草    1袋

・中華だし(粉末) 小さじ2

・ごま油       大さじ1

・すりごま     お好みで

 

【作り方】

1.ほうれん草は根元を切り、汚れを落とし、

ラップを巻いて600Wで1分加熱。

 

取り出して冷水に入れ、水気を絞り、

4cm幅に切ります。

 

2.1と塩きのこ、残りの調味料をボウルに入れ、

よく混ぜ合わせれば完成!

 

ほうれん草は他の青物でももちろんOKです。

 

塩きのことベーコンのパスタのレシピ

よく作られるきのこのパスタも、

塩きのこを使って、より簡単に!

 

【材料】1人分

・パスタ       80g

・ベーコン      2枚

・塩きのこ      大さじ2~3

・にんにくチューブ  1cm

・オリーブオイル   適量

・醤油               小さじ1

 

【作り方】

1.パスタは袋に書いてある茹で時間より、

1分短めに設定して茹で始めます。

ベーコンは1cm幅に切っておきましょう。

 

2.フライパンにオリーブオイルと

にんにくを入れ、

香りが出てくるまで炒めます。

 

3.香りが出てきたら、

ベーコンを入れさらに炒め、

カリカリになってきたところで

塩きのこを加えます。

 

4.茹であがったパスタと、

茹で汁大さじ1(分量外)を3に入れ、

よく絡め合わせたら、

最後に鍋肌から醤油を回し入れ、

全体をよく混ぜて完成!

 

醤油を入れた後、

バターを加えても美味しいですよ。

 

塩きのこの混ぜご飯のレシピ

塩きのこは炊きたてご飯に混ぜるだけで、

絶品!和風混ぜご飯に早変わり。

 

【材料】

・炊きたてご飯   1合分

・塩きのこ     大さじ2

・しょうがチューブ 1cm

・醤油       大さじ2

・鰹節       1パック

・万能ねぎ     2本

・揚げ玉(あれば) 適量

 

【作り方】

1.万能ねぎは小口切りにします。

 

2.先に、塩きのこと調味料、ねぎ、

揚げ玉を混ぜておきます。

 

3.炊き立てご飯と、2を混ぜ合わせて完成!

 

塩きのこの量は、お好みで調整して下さいね。

 

スポンサードリンク

まとめ

 

塩きのこの作り方は、

コツをお伝えすることが

ほとんどないくらいシンプル。

 

アレンジもしやすいので、

とても使いやすい常備菜ですよ。

 

食物繊維もたっぷり摂れる

お手軽な常備菜で、

毎日の食事の用意が楽チンに。

 

ぜひお試しくださいね。