biyou_hadaare

トレチノインやハイドロキノンという、

毛穴の黒ずみやしみを改善してくれる、

美容成分を配合した化粧品が、

とても増えてきましたよね。

 

お肌に出来てしまったシミは、

1度できてしまうと、なかなか消えません。

 

シミだけではなく、

ニキビなどお肌のトラブルもいろいろあるので、

悩みに応じたケアをする必要がありますよね。

 

シミをキレイに取り除きたい、

ニキビをなんとかしたい、

いちご毛穴を改善させたい・・・

 

そんな悩みを抱えている人にお勧めなのが、

トレチノインとハイドロキノンを含むコスメなんです!

 

この2つの成分には、

どういう作用があるのでしょうか?

 

スポンサードリンク



トレチノインとは?

biyou_biyoueki

トレチノインは、

お肌をターンオーバーさせる力を持っています。

 

トレチノインだけ使うと、

お肌が剥けてしまうほどなんですよ!

 

激しいターンオーバーが起こるので、

お肌の生まれ変わりがとても速いんです!

 

トラブルが起きたお肌を取り除き、

新しいキレイなお肌が生まれてくるんですよ。

 

シミもニキビも毛穴のつまりも、

お肌がターンオーバーすることで解決できます。

 

ハイドロキノンとの違いは?

 

また、ハイドロキノンには、

シミの抑制効果があるんですよ。

 

トレチノインを使うとお肌が生まれ変わって、

シミを薄くすることは出来ます。

 

でも、激しいターンオーバーを繰り返すと

お肌へのダメージが強くなってしまい、

逆にシミが出来やすくなってしまうことがあるんです。

 

トレチノインには、

お肌が本来持っているバリア効果を

弱めてしまう副作用があるので・・・

 

使っている時に紫外線のダメージが加わると、

新たなシミが出来やすくなってしまうんですよ。

 

これを抑制してくれるのがハイドロキノンなんです。

 

行き過ぎたトレチノインの効果に、

ブレーキをかけてくれるものが、

ハイドロキノンなんですよ。

 

どんなケアをすればいいの?

biyou_kesyousui

ターンオーバーのスピードを速めたいから、

トレチノインを使うと考えていても、

間違った使い方をしてしまえば、

お肌にダメージを与えることになりますよね。

 

どんな使い方をすれば、

効果が得られるのでしょうか?

 

高濃度のものを、

普段のスキンケアのように使えば良い、

というわけではありません。

 

ターンオーバーとクールダウンを繰り返すことで、

よりキレイなお肌を手に入れることができるんですよ。

 

肌のターンオーバーを促進するケア

 

洗顔→ビタミンC誘導体化粧水を使う→

乾くまで待つ→トレチノインを塗る→

乾くまで15分程度待つ→

ハイドロキノンを塗る→

乾くまで待つ→

日焼け止めを塗る(3~4時間に1回塗り直す)。

 

これを2週間から6週間行います。

 

期間に幅がありますが、お肌の状態は個人差があるので、

状態を見ながら行うとよいですよ。

 

肌をクールダウンさせるためのケア

 

その後、クールダウンとして

洗顔→ビタミンC誘導体化粧水を使う→

乾くまで待つ→ハイドロキノンを塗る→

乾くまで待つ→

日焼け止めを塗る(3~4時間に1回塗り直す)

 

これをターンオーバーを行った期間と同じだけ行います。

 

クールダウン期はお肌の回復を待つ期間です。

 

ターンオーバーで起きた炎症を、

しっかり抑える期間でもあるので、

必ずセットで行う必要があるんですよ。

 

このケアを1セットとします。

 

もしもまだ悩みが解決しなければ、

クールダウンが終わってから、

1~3週間後にまた、

ターンオーバーのケアを行うと良いでしょう。

 

スポンサードリンク

使用する時の注意点

 

トレチノインとハイドロキノンは空気に触れると

酸化してしまいます。

 

酸化すると効果が弱まってしまうので、

封を切ったら冷蔵庫に保管しておきましょう。

 

冷蔵庫に入れておくだけでも

酸化を防ぐことが出来るんですよ。

 

またターンオーバーによって、

お肌の薄皮が剥がれてきますが、

その剥がれたお肌を自分で取り除くことは、

避けて下さいね。

 

自然に剥がれるのを待ちましょう。

 

自分で剥がすと刺激が加わってしまい、

その刺激が色素沈着の原因になります。

 

トレチノインの濃度が高いと炎症が起きて

赤みが出来てしまうこともあるので、

濃度には十分に注意をしたほうがよいですよ。

 

効果は高いですが、

正しい使い方をしないと、

逆にお肌のトラブルを招くことにもなるので、

十分注意しましょう。