今回出てくるウールの着物も全て、お譲り頂いた着物です。お譲り受けたウール着物を洋服と合わせてコーディネートしてみました!

タートルネックとの和洋折衷

2018年2月
日中の気温が比較的高くなったものの、まだ肌寒い日
お昼から知人が自宅に来るので、着物に着替える予定でした。

またしても、朝から着ていた洋服を脱ぎたくはなかった(笑)
黒の薄手のタートルネックを基準にコーデ開始!

*洋服はこれ(ヨレッとなっていてお恥ずかしいですがっ!)

着物をチョイス

私の中では「正絹よりウールの着物の方が洋服と合わせやすい」という感覚です。
なので、ウールの着物たちを物色していたところ、黄土色の着物が目につきました

こちらの着物は友人のお祖母様のお着物です。

以前、友人宅にお邪魔した際、友人とお母様がお祖母様のお着物を出してこられ…

「着る人がいない」と、処分をお任せ頂きました。
「着てもらってもいいし、棄てても構わない」と仰せでしたが、状態が良いものばかりでしたので捨てずに保管しています!

今回ピックアップしたのはその中の一着♪

全体の大部分を占めるのは黄土色。
そこに、若草色・茶色で横縞が描かれ、所々、赤(赤茶色?)が入っています。

今回は、控えめなシマシマに決定!

帯をチョイス

さて帯はどうしようか…
2つセレクトして、迷いました。

スポンサードリンク



1つ目

着物に入っている「茶色」に合わせた名古屋帯。
茶色地に、銀色(メタリックな感じ)で模様が描かれています。
この帯は、確か…着物専門のリサイクルショップで購入したものだったかな…?汗

2つ目

黄色を派手にした「金色」が入っている半幅帯。
こちらは黒・金・銀と、ど派手です。
(*一緒に置いている黒の布については後程ご説明します!)

この帯は、日舞や演劇をしていた友人から、引っ越しの際に譲り受けたものです。
おそらく、舞台に出た時の衣装の一つかと思うのですが…
個人的にとても好きなので使いたいと思っていても、なかなかコーディネートが難しく(なんせ、とてつもなくキラキラしている!)使いこなせない一品でした。

帯決定!

どちらがいいかな???

しばらく見比べましたが、黒の洋服を着ていることもあり
2つ目の半幅帯に決定!

結果、別々の時期に別々の方からそれぞれ頂いたものを組み合わせ、また、和と洋を合わせ、この日のコーディネートはミックス仕上がりになりました!

ただ、この半幅帯をそれだけで使うと、帯が浮きすぎるかな?と思い、黒のストール(黒の布はこれ!)を合わせました。

スポンサードリンク

帯について

ここから、少し帯周辺についてご紹介します。

帯結びは…名前は無いです(笑)
適当な手先を取って、半幅帯を巻いて前で結びます。

前で結んだ状態です。

くるっとストールを引っ掛け、リボン結びにします。
帯結びの隣に

回しやすいようにふわっと結んでおくこと♪

背中の帯結びが派手に見えるので、その強さを抑える為に黒を被せるイメージです。

ストールの前部分は、帯揚げのように扱います。
簡単に整えるだけ!この様に一文字になります。

コーディネート 友人の反応

この後、この着物姿で人に合ったのですが、まだ、コーディネートについて、もやもやしていたので

・1つ目の名古屋帯コーデ

・2つ目の半幅帯コーデ

・半幅帯の、ストール無しコーデ

を見てもらい、どれが良かったか?彼女のイメージを聞いてみました。

友人の感想は、

・1つ目の名古屋帯コーデ
『普通な感じ…。いつもの私(筆者)っぽくはないかな』

・2つ目の半幅帯コーデ
『黒のストールがあるから、柔らかい感じになる!』

・半幅帯の、ストール無しコーデ
『かっこいい感じにするなら、これ!でも、派手すぎるイメージも…』

という反応!

ポジティブな反応が一番強かったのは、半幅帯+黒ストールでした。
これにして、良かった…(汗)

まとめ

なかなか、キラッキラの帯は個性が強くて使いにくい…でも、チャレンジしていけばもっと面白いコーディネートに出会えるかも!?と思った瞬間でした!

貴方のお部屋にも、「使えな~い」と仕舞い込んでいる帯、ありませんか?