ネクタイ

古いネクタイを再利用できたら良いのにって、

思ったことはありませんか?

 

ただ捨ててしまうのはもったいない!

 

お父さん、彼氏、旦那さんの、

古いネクタイをリメイクして、

オシャレアイテムに変身させましょう!

 

手芸初心者の方にもオススメの、

超簡単な作り方を紹介するので、

挑戦してみて下さいね。

 

スポンサードリンク



スマホケースに早変わり!簡単リメイク!

 

古いネクタイがスマホケースに、

早変わりしちゃうんです。

もちろんミシンがあれば、

仕上がりがとってもキレイで丈夫ですが、

ミシンがなくても大丈夫!

 

手縫いでもできますよ。

返し縫いすれば、ほつれにくくなります。

 

必要な材料は、

不要なネクタイ、はさみ、まち針、

縫い針、糸、スナップボタンですよ。

 

ネクタイは幅が広いネクタイの方が、

スマホが入れやすいのでお勧めです。

 

ネクタイをスマホケースにリメイクする方法

 

それではネクタイをスマホケースに、

リメイクする手順を紹介しますね。

 

1.スマホよりも大きめの長さに、

細い方からネクタイをカットしましょう。

中心に縫い目がある方を内側に、

カットした部分を折り込み、縫います。

 

2.1で縫った方を、

太い方(三角になっている方)に向かって折り、

スマホがすっぽり隠れる位置で固定させるため、

まち針で留めて下さい。

 

3.両サイドをしっかりと縫い付け、

ポケット状にします。

 

4.ネクタイの三角形の尖ったところから

5mmくらいのところにスナップボタンをつけて、

ポケットの方にも位置を合わせ、

スナップボタンをつけたら完成です。

 

ネクタイの中に入っている台紙が、

いい感じでスマホを守ってくれる上に

くたっとしないのが良いんですよ。

 

超簡単なスマホケースの作り方

ボンド

今、紹介したリメイク方法も十分簡単ですが、

もっと簡単なのは、

糸と針を使わないで作る方法。

 

手縫いが苦手でも、

作れちゃう超簡単な裏ワザ!?です(^-^;

 

糸と針の代わりに、

「裁縫上手」などの布用ボンドを使えば超簡単!

 

スマホの大きさに合わせてネクタイを折って、

袋状になるように、

縫い合わせたい部分にボンドを塗って、

アイロンで粘着させればOK。

 

100均でも布用のボンドは買えますよ。

 

さて、お次も簡単ですよ。

簡単にシュシュが作れちゃうんです。

 

おしゃれ!ネクタイがシュシュに早変わり!

 

とっても簡単なネクタイからシュシュへのリメイク。

必要な材料も少ないですよ。

はさみと針と糸と手芸用の平ゴム。

そして捨てる予定だったネクタイだけです。

 

なくてもOKのアイテムですが、

アイロンとまち針を使うと、

よりきれいにできるんですよ。

 

平ゴムを通す時は、

クリップやヘアピンがあると、

作業がよりスムーズに進むのでお勧め。

 

使うネクタイは太いネクタイでも、

細いネクタイでもOKですよ。

 

ネクタイをシュシュにリメイクする方法

 

それではシュシュにリメイクする手順を

紹介していきますね。

 

1. ネクタイの中央の縫い目から糸を切り、開きます。

開いたところでアイロンをかけると、

作業がしやすくなりますよ。

 

2.  12cm×50cmの大きさに切り出し、

裏が表になるように、

長細い長方形になるように折ります。

 

3.筒状になるように、

端から1cm弱のところを縫いましょう。

 

手縫いの場合は、返し縫いで縫うと、

ほつれにくくなるのでお勧め。

外側が表の記事になるように、布を返します。

 

4.ここで、まち針で等間隔で4箇所留めると、

やりやすくなりますよ。

 

端から1cmのところをぐるっと縫います。

この時もオススメは返し縫いです。

 

残り3cmのところまできたら、縫うのをやめ、

平ゴムを入れます。

 

5.  20cmくらいに切った平ゴムの端にクリップなどをつけ、

ぐるっと平ゴムを通し、長さやくしゃくしゃ具合を加減し、

ちょうど良い長さでカットします。

 

平ゴムは固く結んでから、結び目を何針か縫うだけでも

耐久力が跳ね上がりますよ!

 

6.平ゴムを通した穴から、全体を裏返すので

縫い針が刺さりそう、という方は

ここで一旦糸を止めても大丈夫ですよ。

 

布をたぐり寄せて、ひっくり返し、

縫い残りをつなぐように、

なるべく内側を縫いあげれば完成です。

 

文字にするとややこしい感じがしますが、

慣れてしまうと20分少々で完成します(^o^)

 

ネクタイは、ハリのある生地が多いですから、

大きめに作っても可愛いですよ。

 

慣れてきたら、外側をぐるっと縫うときに

レースのリボンを挟んで縫うと、

女子感が漂う仕上がりに(*^_^*)

 

スポンサードリンク

おすすめの柄やネクタイの汚れはどうする?

 

リメイクに使うネクタイの柄ですが、

「えぇ~?この柄?」と思ってしまうような、

幾何学模様や、レトロな色合いのものも、

小物にしてしまうと印象が変わりますよ。

 

汚れが気になる場合は、

おしゃれ着用洗剤で手洗いしてから

作ると気持ち良く作業ができます。

 

秋の夜長に手芸、

女の子らしい時間の過ごし方は

心を豊かにしてくれますから、

試してみてくださいね。